【お知らせTOP】

はじめての方は、はじめまして

二度目以降の方は、おかえりなさいませご主人様


( 三)
↑コイツ誰なの?。っていう人は登場人物を見てください

※プレイ日記によるネタバレ、暴力描写、性的描写に注意
※J SPORTSなどで日本語字幕有りWWEを見てる人は約6日先のネタバレ注意

Next PPV

【TLC2018】
現地開催日: 12月16日午後3時30分 カリフォルニア州サンノゼ SAPセンター

対戦カード
■ブラウン・ストローマンvsバロン・コービン (TLCマッチ)
■WWE王座戦 ダニエル・ブライアン(c)vsAJスタイルズ
■RAW女子王座戦 ロンダ・ラウジー(c)vsナイア・ジャックス
■IC王座戦 セス・ロリンズ(c)vsディーン・アンブローズ
■SmackDown女子王座戦 ベッキー・リンチ(c)vsシャーロット・フレアーvsアスカ (TLCマッチ)
■SmackDownタッグチーム王座戦 ザ・バー(c)vsニュー・デイvsウーソズ
■アライアスvsボビー・ラシュリー (ラダー・マッチ)
■フィン・ベイラーvsドリュー・マッキンタイア
■レイ・ミステリオvsランディ・オートン (チェアー・マッチ)
■ナタリアvsルビー・ライオット (テーブル・マッチ)
■ジンダー・マハル&アリシア・フォックスvsRトゥルース&カーメラ (MMC2決勝戦)
■クルーザー級王座戦 バディ・マーフィー(c)vsセドリック・アレクサンダー

前回のPPV結果→サバイバー・シリーズ2018


相互リンクは大歓迎です
この記事にコメしていただければありがたいです
URLも忘れずにね

Steamフレンド募集中です

オーバーウォッチ用
BattleTag:凛ちゃんライバー#1420


モナとの再会がまた大事件へと…

気になったWWEニュース

■来週TLC直後のRAWにビンスが登場することがわかった。GMに関することで何かが起こる?
■NXTのニック・ミラーとタイシャン・ドング、そしてNXTUKのタッカーが退団したとのこと。ミラーは家族のことでオーストラリアに残り、タッグパートナーのシェイン・ソーンはまだ欠場中だがシングルでプッシュするとのこと
■RAWは17日に当日と24日の2回分を放送収録し、SDLiveも18日に当日と25日の2回分を放送収録する。さらに28日と29日には大晦日と元日に放送される回の収録もされる

チケット情報見たら18日のSDLiveから1週間の休暇が与えられ、26日から30日まではまた仕事で年明けは4日からスタート
2回収録の日は開始時間がいつもよりも3時間くらい早い


1544802300893.jpg

ステッカー貼っておくのが常識だろ


DuZHi7NUYAAMpgx.jpg

忘年会でやっちゃダメなやつ


528dce56.jpg

だいたいはこいつのせい



デベロッパーJujubeeは、深海へのダイビングを体験できる新作シミュレーター『Deep Diving Simulator』を発表しました。

プロのダイバーやInternational Diving Federation(IDF)の協力も得て開発が進められている本作では現実感に焦点を当てており、プレイヤーは酸素レベルや減圧を慎重に管理しながら世界の未知の水域を探索。過去の遺物を集め、沈没船を訪れ、未知の種を発見し、様々な機関から調査結果の報酬を受け取ります。

美しい深海を巡り、失われた都市アトランティスのような謎も解明できるかもしれない『Deep Diving Simulator』は2019年4月にSteam配信予定。日本語インターフェース/字幕への対応も記載されています。

275634.jpg
275635.jpg
275636.jpg
275637.jpg


大型客船を探索したい
( ◎)<えんだあああああああああああ
じゃないよそれ


20181214020752_1.jpg

シリーズ3作ある中で唯一日本未発売となった2作目
理由は全くわからない
初代PSと同じくよくわからない海外のゲームも出してたPS2前半期、海外でヒットしたゲームなら日本でも出して当たり前だったはずだ

20181214225049_1.jpg
20181214225116_1.jpg
20181214225402_1.jpg
20181214225600_1.jpg
20181214230541_1.jpg
20181214230644_1.jpg
20181214230736_1.jpg

現在の邸宅から始まり、数時間前に遡り病院へ
ジム副署長が目の前で撃たれ、ウィンターソンも安置所に
これまた濡れ衣を着せられるやつ?

再び邸宅の場面になり、今度は昨夜へと遡る
どれくらい経ったかは不明だが、秘密結社インナーサークルの一員であるアルフレッド・ウォーデンの手によりこれまでの殺人をチャラしてくれたおかげでマックスはNYPDに復職

20181214231217_1.jpg

同じ過ちを犯す道に歩んでほしくなったのか、麻薬捜査官の復職を希望するも断れる
NYPDなのでごく普通の刑事だ

20181214231305_1.jpg
20181214231614_1.jpg

グラフィック強化とHavokエンジン導入により物理演算がよりリアルに(特に人間の死体)
バレットタイムも改良され、通常ではマックス含め時間の流れが0.6倍速になるのだが、敵を倒すとゲージが黄色くなり敵は0.2倍速となりマックスだけが0.6倍速となる。あとリロードモーションもやたらかっこいい
さらに時間が経てばゲージが少しずつ溜まるので難易度が大幅に低下した

20181214231757_1.jpg
20181214232126_1.jpg

現場で死んだと思われるモナ・サックスと再会するもまた逃げられてしまうが…
現場から逃げたと思われるをモナを目撃した人がいて、モナに殺人容疑者となってしまう

20181215024313_1.jpg

仲間を連れて戦うこともできるように

20181215025026_1.jpg

1作目に出てきたヴィニー・ゴニッチとウラジミール・レムは2作目でも出てくる

【WWE】TLC2018 勝敗予想

20181203_TLC_BryanStyles--a6876e25834c419cc94bdce1b8fecc5d.jpg

一番の不安がこれを放送時間内に全てやるってことだ
1試合か2試合はスカッシュマッチはあることだろう

1つ目はベイラーvsマッキンタイア
病気にかかってしまってるから長時間の接触は避けたいはずだ

2つ目はストローマンvsコービン
ストローマンは出れる出れないで情報サイトによって分かれてる
ストローマンが勝てばレスナーに挑戦できる上にコービンはGM解任となる。逆にコービンが勝つと終身GMとなる

SDLiveがBショー扱いされてるとはいえ、内容は完全にRAWに勝ってる
前哨戦ながらも名勝負をしたシャーロットとアスカ。そして男女含めて断然一番人気のベッキー
女子革命としては現在進行形で成功してる3人。ハードコアな試合も得意とするアスカに軍配が上がってほしい

ブライアンが防衛してほしい理由は1つ。中邑来いよ!!!
そんなUS王座なんて手放してもう一度トップ戦線に戻って来い!!

IC王座を持ってる以上レスナーが不在の中実質トップ扱いされる
アンブローズが奪ってもロリンズの間に割って入れる選手っている?
しばらくは2人の抗争を見守りたい

ナイアはベッキーを怪我させ、ロンダもアレクサを脳震盪にさせ両者にブーイングが飛びそう
ロンダへの反応も何か「あらら?」って感じでレッルスマニア34の時よりも小さくなり先行きが不安だ
レインズは歓声と罵声というファンの反応があったことに嬉しいって言ってたから…興味が無くなる前にヒールターンも視野に入れておかないと

ユーザーのことよりも金を選んだインディーデベロッパー

昨日SteamとG2Aで買ったゲーム

■Momodora: Reverie Under the Moonlight (196円)
■Bionic Commando (101円)
■Old Man's Journey (38円)





500円ランチがゲームを選ぶとするなら…
一生残る方を選ぶだろ普通


DuTneIXUYAA54_U.jpg

ばあちゃん3連続は罠だろw

未回収もの
■ゆうぎりの死因とトラウマ
■たえの死因とトラウマ。そして正体
■幸太郎の正体
■サガジンの独自調査
■さくらの額の傷

たえがメンバーの中では29歳と最年長なのが…



Bohemia Interactiveは、2013年12月よりSteam早期アクセスを実施していたゾンビサバイバル『DayZ』のPC向けスタンドアローンを正式版1.0にアップデートし、販売を開始しました。

同作は、元々軍事サンドボックス『Arma 2』において、当時Bohemia Interactiveの社員であった、現Rocketwerkz所属のDean Hall氏が余暇の時間を用いModとして制作した作品。

ゾンビ渦に襲われ世紀末の様相を呈した、『Arma 2』の舞台チェルナルース島に、様々な島内の民家や施設を探索して減っていく食料を集めたり、ゾンビや他のプレイヤーに対抗できる武器を見つけたりしながら、ゾンビ映画のようなサバイバル生活を楽しむ内容です。

マップ・兵器などはほぼ『Arma 2』のままでしたが、リアルな空気感が漂う同作の風景の中で展開する独特のプレイ感は多くのプレイヤーを程なくしてひきつけ、一躍、発売から既に長年が経過した作品であったベースとなる『Arma 2』自体を大きく売り上げるほどの大きな話題となりました。

その後、同作はDean Hall氏の指揮のもと、2013年12月にSteam早期アクセスとしてアルファ版のスタンドアローンとして配信を開始。その後、Dean Hall氏のチームからの離脱、インディーデベロッパーとしての独立を経ながらも、およそ5年後の2018年11月に、バグフィックスなどを主としたベータ版に突入し、今回の正式配信に至った形です。

なお、当時多くのプレイヤー内が市街などでのPvPを楽しんでいたMod版の同作。それは、後にBrendan Greene氏により映画「バトル・ロワイヤル」風のさらなるModを生み、後の『PUBG』、『フォートナイト』の爆発的な大人気へと繋がっていきました。

今回の正式配信にあたっては、日本時間2018年12月18日午前3時までのフリーウィークエンドを実施。また、同時刻までは早期アクセス価格の15%引でゲーム購入可能なセールも開催されています。様々な意味で近年のゲーム史に大きな影響を与えた同作、Mod版やスタンドアローン版初期のプレイヤーだけでなく、新規プレイヤーも体験してみてはいかがでしょうか。

『DayZ』スタンドアローン版はSteamにて3,400円でセール実施中。セール期間終了後は、現時点の定価4,000円より更に1,000円ほどの値上げが見込まれる形です。なお、同作は海外Xbox One向けにも配信されていますが、こちらの正式版は後日となる予定です。



色んな事があったけど無事に正式版になっておめでとう
( ◎)<ここはゴールじゃない。スタートラインを超えたばかりだ



Epic Gamesストアのアナウンスに伴い、Steamでの販売を取り止め(商品ページも削除済み)Epic Gamesストア専売タイトルとなることが報じられたCoffee Stain Studiosの新作Sci-Fi工場建築シム「Satisfactory」ですが、新たにCoffee StainのコミュニティマネジャーJace Varlet氏がコミュニティの様々な質問に答えるQ&A映像を公開し、Epic Gamesストアにおける専売が12ヶ月間の時限独占であることが明らかになりました。

Jace Varlet氏によると、Epicとの独占契約に伴い資金面やUnreal Engineに関する技術的な支援を得ており、Epic Gameストアの高い収益分配と併せて、Coffee Stainはより多くのクリエイティブな自由が得られるとのこと。

また、Jace Varlet氏は“Satisfactory”がランチャーを介さずオフラインでプレイできること(オンラインは要ランチャー)、12ヶ月の独占期間終了後の対応がまだ決定していないこと、Steam上で実施したクローズドアルファや個々のランチャーに対する見解など、ナイーブなトピックまで包み隠さず自身とスタジオの意見を伝えています。




同じくTripwireのサメゲー『Maneater』も12ヶ月間独占という誰もが喜ばない事態に
Epicから金を貰ってたのは事実でユーザーよりもやっぱ金を選んだわけだ
( ◎)<これで売れなかったら前倒しとなるかな
よし、ボイコットしよう!!

『MAX PAYNE』 クリア

気になったWWEニュース

■ケビン・オーエンズの復帰時期は3月上旬になるようだ。ただロード・トゥ・レッスルマニアの真っただ中だからレッスルマニア35後になっちゃうかも
■病気となってるフィン・ベイラーは26日のMSGのライブイベント出場予定選手から外される。だがTLCには出る予定だ
■RAWの平均視聴者数は先週と比べて9万人減で今年最低記録更新、SDLiveは3万人増も先週と同じく200万人を下回ってる

ドラマに音楽オーディション番組。月曜はそれに加えてNFLのレギュラーシーズンの試合がある
WWEネットワークの開始によりTV視聴者数下がるのは従業員も予想してるはず


848yweu4w.jpg

この数…
( ;◎)<声優はどんな気持ちで…

16a1487e.jpg

アフレコ段階ではまだ原画ラフのままであるのがよくある
作画崩壊を知るのは視聴者と同じテレビ放送されるまでわからないはず



かつて、初代FalloutやFallout 2、Arcanum: Of Steamworks and Magick Obscura、Vampire: The Masquerade – Bloodlinesといった傑作RPGの誕生に深く携わったTim Cain氏とLeonard Boyarsky氏の黄金コンビが開発を率いるObsidianのオープンエンドなSci-FiアクションRPG「The Outer Worlds」ですが、Fallout: New VegasとMass Effect、BioShockの良いところを組み合わせたような新IPの登場に大きな注目が集まるなか、本作の開発を率いるお馴染みTim Cain氏が独GameStar誌のインタビューに応じ、“The Outer Worlds”にマイクロトランザクション要素が存在しないことを明言しました。

マイクロトランザクションに対するファンの懸念について言及したTim Cain氏は、本作にマイクロトランザクションが存在しないことを断言した上で、一度製品版を買えば好きなだけゲームを楽しむことができると強調しています。

また、Obsidianの公式Twitterがファンの質問に答えており、“The Outer Worlds”のUnreal Engine 4採用が判明しています。


マイクロトランザクションを持たないと語ったTim Cain氏の話題をご紹介したObsidianファン期待のアクションRPG「The Outer Worlds」ですが、新たに本作のシニアナラティブデザイナーを務めるKathryn Megan Starks女史(独創的なTyrannyとPillars of Eternity II: Deadfireでも活躍したデザイナー)がRPG Siteのインタビューに応じ、“The Outer Worlds”のコンパニオンやNPCに関する幾つかの興味深いディテールを明らかにしました。

プレイヤーと行動を共にするAIコンパニオンについて:彼らはそれぞれに固有の目的や問題を抱えており(一部は特定の勢力に所属している)、クエストを通じてプレイヤーの援助を求める。彼らは常に自身のモチベーションと目標達成を望んでおり、プレイヤーがその目的をサポートしなければ反論し、プレイヤーの選択が彼らにとって好ましくない場合はプレイヤーのもとを去る場合もある。

自由度の高さについて:完全なオープンワールド作品とより構造化されたRPG経験のどちらに近いかという質問に答えたKathryn Megan Starks女史は、“The Outer Worlds”がその両方を組み合わせたものに近いと説明。Obsidianはシングルプレイヤーのストーリー経験にフォーカスする一方で、異なる環境を自由に探索する自由と選択を提供したいと考えている。一旦宇宙船が得られれば、プレイヤーには任意のロケーションを探索する数多くの選択肢が提示されるとのこと。

NPCの不死属性について:プレイヤーの選択による幅広い変化や経験の違いについて、クエスト専用の殺せないNPCが存在するかという質問に答えたKathryn Megan Starks女史は、ゲームデザイナーとして殺せないNPCを作る(安易な)誘惑に駆られていると伝えた上で、プレイヤーに重要なNPCを殺すような選択を認める、より良いゲームプレイ経験を届けようと努めるスタジオの理念を持っていると強調。プレイヤーが望めば重要なNPCでさえ殺害できると明らかにしている。

難易度について:Obsidianの傑作“Pillars of Eternity II: Deadfire”には、Path of the Damned(高難易度モード)やTrial of Iron(任意のセーブを禁じ、オートセーブのみに制限され、死亡時にセーブデータが削除される)、Magran’s Fires(各種モディファイア)といった柔軟な難易度設定が用意されているが、Kathryn Megan Starks女史によると、任意の欠点(パッシブなデバフ)を強いるような、より困難な難易度の導入に関する検討や議論が進められているとのこと。

DLCについて:Kathryn Megan Starks女史は、本作にマイクロトランザクションが存在しないことを改めて伝えた上で、DLCの存在を示唆している。



偉いのがファンのことを第一に考えてSteamで配信してくれることだ
( ◎)<バックにはMSがいるからね



昨年9月、ネットワーク機能の設定ミスによって一時的にPS4とXbox One版“Fortnite”のクロスプラットフォームプレイが有効化され、予てからの公言通りスイッチ1つでクロスプレイが実現できるバックエンドを作り上げていたことが判明した「Epic Games」ですが、本日Epicが国内外のUnreal Engine公式サイトを更新し、新たに“Fortnite”で培った技術に基づくクロスプラットフォームゲームサービスのローンチを発表。2019年を通じて、PCとMac、iOS、Android、PlayStation、Xbox、Switchに対応するSDKに加え、Unreal EngineとUnity上で利用可能なインテグレーションをリリースすることが明らかになりました。

Epicのクロスプラットフォームゲームサービスは、ログインやフレンド機能、エンタイトルメントをはじめ、オーバーレイUI用のAPIやクロスプラットフォームのボイスコミュニケーション、パーティとマッチメイキング、クラウドセーブ、実績/トロフィー対応といった機能を順次実装する包括的なツールで、サービスのラインアップと導入時期をまとめた興味深いロードマップが登場しています。

オンラインゲームにおいて、ローンチを成功させ、日々の運用を続けていくには、従来のゲームエンジンの機能や枠組みを超えたサービススイートが必要となります。そうしたサービスを構築し、実戦を経て鍛えることにはお金がかかります。しかし、一度機能する段階になれば、より多くのゲーム、ユーザーに向けてスケールアップすることは比較的安価に行うことができます。

Epic のゴールは、ゲームデベロッパーの成功を助けることです。2019年に渡って、様々なクロスプラットフォームゲームサービスをローンチします。元々はフォートナイトのために作られ、実際の環境で 7 プラットフォームの 2 億人のプレイヤーにテストされ鍛えられたサービスです。これらのサービスは、すべてのエンジン、すべてのプラットフォーム、すべてのストアに対して開かれたもので、すべてのデベロッパーに無料で提供されます。デベロッパーは Epic 提供のソリューションと他のソリューションを自由に好きなように組み合わせて使用することができます。

すべてのサービスはプライバシーに配慮し、GDPR 準拠で運用されます。

■ Epic のオンラインサービス

オンラインサービスをカプセル化した C SDK と、Unreal Engine 向けと Unity 向けのインテグレーションをローンチ時にリリース予定です。まずはコア機能をリリースし、徐々に拡張をしていきます。具体的な内容は以下になります。

クロスプラットフォーム ログイン、フレンド、プレゼンス、プロファイル、エンタイトルメント (PC では 2019年 Q2-Q3、その他プラットフォームでは2019年中予定):複数セッション、デバイスに渡ってプレイヤーを持続的に認識するためのコア機能を提供します。フレンドの識別、無料と有料エンタイトルメントの管理も含まれます。7 の主要プラットフォーム (PC、Mac、iOS、Android、PlayStation、Xbox、Switch)をすべてサポートします。 各プラットフォームが個々のタイトルに対して可能にする範囲において提供されます。

PC/Mac オーバーレイ API (2019年 Q3 予定):ゲームタイトルとエンジンに依存しない、ログイン、フレンド、その他の機能を提供するユーザーインターフェースを提供します。

クロスプラットフォーム ボイスコミュニケーション (すべてのプラットフォームで 2019年 Q3 予定):Epic はすべてのプラットフォーム、すべてのストア、すべてのエンジンをサポートする新しいゲーム内ボイスコミュニケーションサービスを構築中で、このサービスは無料で提供されます。(今現在、即座に利用できるボイスのソリューションを必要とするデベロッパーの方は、Discord、Vivox、TeamSpeak、Ventrilo、Mumbleを検討してみてください)

クロスプラットフォーム パーティーとマッチメイク (すべてのプラットフォームで 2019年 Q3-Q4 予定)

クロスプラットフォーム データストレージ、ゲームクラウドセーブ (2019年 Q2 予定)

クロスプラットフォーム アチーブメントとトロフィー (2019年 Q3 予定)

■ 信頼性

世界中の Amazon Web Service データセンターを主に使用し、次世代のオンラインゲーム、ソーシャル接続ゲームで必要となる、高信頼性と幅広い国際的なリーチを提供します

■ 人と人を繋ぐ

すべてのプラットフォームを越えてデベロッパーとプレイヤーを繋ぎます。既存のプラットフォームでの関係とプレイヤーアカウントを尊重します.例えば、フォートナイトは 7 個のプラットフォームで完全に相互運用をしています。Epic アカウントに追加して、家庭用ゲーム機ではログインを必要とせず、Facebook、Google、Xbox Live、PSN、ニンテンドーアカウントでのマルチプラットフォームログインをサポートしています。Twitch のアカウント接続もサポートしています。

これらの既存のアカウントとサービスの統合に加えて、シームレスな体験を向上させるため、さらなるアカウント、ゲームサービス、クラウドサービスとの接続について是非パートナーと協力していきたいと考えています。

これから数か月のうちにさらに情報を公開していきますのでお楽しみに。



テンセントのチャイナマネーとFortniteで得た課金収益で凄いことするんだな…
ストアについてはサムズダウンの嵐だが、このクロスプラットフォーム技術提供はサムズアップの嵐
( 三)<オンラインの人口増加はゲームの寿命を延ばすからね


異世界大好きゲラルトさん

気になったWWEニュース

■復帰の時期が今だに不明なジェイソン・ジョーダンはプロデューサーとして勤務をしている
■コーディ・ローデスが数週間前にWWEからオファーが来るも蹴ったことを明かす。偉い
■フィン・ベイラーが南米ツアー中に病気にかかってしまいMMCを欠場。代役としてアポロ・クルーズがベイリーと組むことに

今のところTLCには予定通り出るとのこと


DuJzTa0W4AAdwgL.jpg

バケツ引っくり返したら大参事



インディーデベロッパーEasy Day Studiosは、PC向けの新作スケートボードゲーム『Skater XL』が2018年12月19日よりSteam早期アクセスを開始すると発表しました。

モバイル向け『Skater』のクリエイターらが手がける本作では、LAコートハウスのような実在のスケートスポットが登場する他、比類のないボードコントロールとレスポンスを特色としています。プレイヤーが望むスタイルで、自分の足を動かすかのようにボードをフリップでき、かつてない一体感を感じられるとのことです。

『Skater XL』の対象プラットフォームはPC。価格は現時点では伝えられていません。




EAの『Skate』に続くヒット作となるか?
( ◎)<『Skate』が人気出たのはスケボーのリアルさだけじゃないんだよ…


20181211235217_1.jpg
MAX PAYNE

当たり所が悪ければ(主に頭)体力が満タンでも一撃死となる
つまりこちらも頭を狙えばいいってことだ

20181212000242_1.jpg

スコープを覗いた状態でスナイパーライフルを撃つと弾丸を追いかける演出が発生
覗いてる状態はほぼ棒立ちなので被弾するリスクがある

20181212001401_1.jpg

殺害対象の重要人物は何故か雑魚よりも堅め

20181212014258_1.jpg

僅かな判断ミスが死に繋がる
こまめにセーブできるからやってみなきゃわからない

20181212082428_1.jpg

生き残るコツは棒立ちするな、弾を避けるよう左右に動け
動いてる敵は先を読んで撃つように。距離があると弾丸が敵に当たるまでラグがある

20181212085111_1.jpg
20181212085143_1.jpg

こうなったのも全部人のせいにしちゃってる



カプコンは、PS4/Steam対応ソフト『モンスターハンター:ワールド』の最新情報をお届けする特別放送「『モンスターハンター:ワールド』スペシャルプログラム」にて、『ウィッチャー3 ワイルドハント』とのコラボ開催を発表しました。

コラボに登場する「ゲラルト」のボイスは、オリジナルのボイスアクターが担当し、セリフはこのコラボのために新しく収録されたものとなっています。言語は日本語やモンハン語も存在しているとのことです。開催は2019年初頭を予定しています。



物語は完結してもゲラルトに降り注ぐ災難はまだ続く
( ◎)<次は…スマブラか?
NEXT≫
( 三)<プロフィール

TACHIBANA_3

主にSteamでゲームプレイ
ラブライブ!により良い意味で人生が狂った
あとプロレスと大相撲も

にほんブログ村 ゲームブログへ
人気ブログランキングへ

( 三)<カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
( 三)<呟き
( 三)<アクセスカウンター
( 三)<応援しています
( 三)<最新記事
( 三)<最新コメント
( 三)<注目のタイトル
( 三)<カテゴリ
トップ (1)
登場人物 (1)
未分類 (0)
はじめ (3)
XBOX360 (991)
GoWあらすじ (2)
スカイリム:たびのきろく (9)
でど☆すぺ (17)
でど☆すぺ2 (11)
でど☆すぺ2 セツダン (2)
でど☆すぺ3 (19)
ニーアお父さんは心配症 (5)
伝説のフリージャーナリスト (7)
規格外のフリージャーナリスト (2)
ドラドグ!ウィイイ!!:スタン・ハンセン怒りのウエスタン・ラリアット物語!! (8)
魔法少女ありしあ☆マギカ (7)
ME3 Take Earth Back (6)
メトロ2033 各駅汚染地域 (9)
最恐:コンデムド (10)
また最恐:コンデムド2 (11)
ここは、楽園であってもただの楽園ではない (13)
ほむほむフロント (7)
シム人生3 (6)
Steam (333)
普通日記(に近い何か) (512)
大相撲観戦 (7)
ゲーム情報 (2269)
E3 (131)
TGS (18)
WWE (201)
ニコニコ動画(ようつべ含む) (195)
エルシャダイ (36)
ミツバチカテゴリとかマジ勘弁 (7)
レビュー (19)
Q&A (11)
コミケ (56)
シムズ2 (13)
フリーゲーム (5)
ai sp@ce (1)
描いてみた (2)
週末の一枚 (4)
セカンドライフ (3)
GTA (2)
ランキング (35)
ダンスゲームがしたい (2)
GOTY (6)
AOTY (7)
アカデミー賞 (5)
コマンドー (4)
エイラあああああああああああああ!!!! (1)
XboxOne (10)
VGX (1)
Origin (5)
凛キチ (6)
トレーラーの曲 (12)
TGA (5)
同人ゲーム (2)
プロレス (1)
艦これ (4)
GTA5MOD (5)
ラブライブ! (10)
Steamゲーム紹介 (3)
新日本プロレス (1)
ごちうさ (1)
Overwatch (3)
ガールズ&パンツァー (2)
Titanfall 2 (1)
Nintendo Switch (1)
ラブライブ!サンシャイン!! (4)
ずらあああああああああああああああ (2)
Uplay (2)
おま国タイトルレビュー (1)
( 三)<月間アーカイブ
( 三)<検索フォーム
( 三)<アールエスエス
( 三)<リンク