かつてのチーム再集結

今日Steamで買ったゲーム

■HITMAN



もちろん全てのエピソードが入ったパック
最近中国語に対応したらしい。日本語はよはよ
けど2週間以内にPlanet Coasterのセールが来たら返金するかも
だってそのためにウォレット残しておいたんだから


r94y4weyijeg255.jpg

■パーク再開の準備をしていた
■だがセルリアンを退治できずやむを得ず島から退却
■生き物や生き物だったものがサンドスターに触れるとフレンズ化
■セルリアンは無機物と反応すると生まれ変わる
■サンドスターは1種類だけではない
■島の外にもちほーが存在する
■飛んでくる。航空機のこと?
■ミライさんが先代サーバルたち連携して山でおっきい自己再生するセルリアンと戦った。その後の安否は不明
■噴火した時アライさんは崖から落ちて黒い影が帽子を持ち去って行くのを目撃

"だった"って何?。死体?



TaleWorlds Entertainmentは、中世RPG『Mount & Blade: Warband』のSteam版(Windows/Mac/Linux)に最新パッチ“バージョン1.172”を配信し、高解像度テクスチャが追加されたことを報告しました。高解像度テクスチャは2016年9月海外発売のPS4/Xbox One版にも収録されていたもので、UIの忠実度やアスペクト比、いくつかのゲーム内アイテムで改善が見られるとのことです。

2010年の作品ながら現在もSteamのプレイヤー数ランキングで40位以内に入っている『Mount & Blade: Warband』。奥深いゲームプレイもさることながら、コミュニティを大切にする長期的なサポートが人気の秘訣かもしれません。なお、現在Steamでは『Mount & Blade』シリーズの66%オフセールが実施中です(3月18日まで)。

今年の発売に期待が高まるMount & Blade IIだが
人気作の長期的サポートはユーザーからの信頼が得られるぞ
( ◎)<前の無印と次のWith Fire & Swordが空気みたい


20170315064230_1_farcry3BD.jpg
Far Cry 3 Blood Dragon

とりあえず日本語言えば盛り上がる勘違い



かつて名門Looking Glass Studiosを設立したPaul Neurath氏が設立した新スタジオ“OtherSide Entertainment”に、ドリームチームが集結し開発を進めている期待作「System Shock 3」ですが、本日Paydayシリーズでお馴染みStarbreeze ABとOtherSide Entertainmentが提携を発表し、Starbreezeが“System Shock 3”のパブリッシャーを務めることが明らかになりました。

この提携に伴い、Starbreezeは“System Shock 3”のコンソール対応を視野に入れた1,200万ドルの投資を行ったとのこと。

発表を行ったStarbreezeのBo Andersson-Klint CEOは、“System Shock”がビデオゲームの歴史において象徴的なフランチャイズの1つであり、(開発を率いる)ウォーレン・スペクター氏は現代的なアクションRPGを創始した人物の1人だと説明。両スタジオのコラボレーションだけでなく、自身が“System Shock 3”のプレイそのものを楽しみにしていると強調しています。

なお、1,200万ドルの投資に伴うIPやアセットの購入はなく、Starbreezeは投資の120%と回収後収益の50%を得て、“System Shock 3”関連IPは全てOtherside Entertainementが所有するとのこと。

■ オリジナルメンバーやJunction Point出身者を含む“System Shock 3”の主要な開発陣

Paul Neurath(CEO):かつてOrigin Systemsでリチャード・ギャリオット氏とウォーレン・スペクター氏と“Ultima Underworld: The Stygian Abyss”を手掛け、ThiefやSystem Shockシリーズを世に送り出した名門“Looking Glass Studios”の共同設立者。

Warren Spector(クリエイティブディレクター・スタジオマネジャー):Deus ExやThief、Ultima Underworld、System Shock、Epic Mickeyの父として知られる。

Sheldon Pacotti(デザインディレクター):初代Deus Exと続編Deus Ex: Invisible Warのリードライターを務めたベテラン。Auto AssaultやAmerica’s Armyの参加でも知られる。

Arturo Pulecio(アートディレクター):Lord of the Rings OnlineやDungeons and Dragons Online、Dark Age of Camelot、Warhammer Online、Wizard 101といった作品に加え、Epic Mickeyシリーズにも参加したベテランアーティスト。

Jason Hughes(技術ディレクター):Wing CommanderやStar Wars、Epic Mickeyシリーズで知られるベテラン開発者。

Nate Wells(アートディレクター):“Looking Glass Studios”に所属したアーティストの1人で、“BioShock Infinite”を含むIrrational Gamesのほぼ全作品でアートディレクターを担当。その後Naughty Dogで“The Last of Us”のリードアーティストとして活躍した。

Tim Stellmach(リードデザイナー):Looking Glass StudiosでUltima Underworld IIやSystem Shock、Thief: The Dark Project、Thief II: The Metal Ageの開発を率いたデザイナー。

Robb Waters(コンセプトアーティスト):同じくLooking Glass時代から活躍するアーティストで、ThiefのThe TricksterやSystem ShockのSHODANを筆頭に、Irrational Games時代にはFreedom ForceのMan-Bot、BioShockのリトルシスター、BioShock Infiniteのソングバード、狂気の芸術家サンダー・コーエン先生を生んだ人物として知られる。

Joe Fielder(ライター):Ken Levine氏と共に“BioShock Infinite”や“Burial at Sea”を作り上げたライターの1人。デイジー・フィッツロイの背景を描いた公式ノベライズ“BioShock Infinite: Mind in Revolt”の著者でもある。

Shaddy Safadi(アートディレクター):“Uncharted 2”や“BioShock Infinite”、“The Last of Us”、Cliffy Bの新作“BlueStreak”など、多数の大作でコンセプトアートを手掛けたアーティスト。

Terri Brosius:Looking Glassに所属した元開発者で、現在は女優やボイスアクターとして活躍するTerri Brosius女史がオリジナルに続いてSHODANのボイスアクトを担当。“Underworld Ascendant”への参加も決定している。

Stephen L. Russell:オリジナル“Thief”の主人公Garrettや“System Shock 2”のアナウンサーを務めたボイスアクターStephen L. Russell氏が“Underworld Ascendant”に参加。

この他、初代“System Shock”のゲームディレクターを務めたDoug Church氏が外部のクリエイティブコンサルタントとして参加。


■ “System Shock 3”のプロットに関するディテール

“System Shock 3”にはSHODANが再び登場し、ゲームの中心的な役割を担うが、現代的な作品に適合する幾つかの変更が加えられているとのこと。ウォーレン・スペクター氏によると、新たな取り組みとしてSHODANが人類に敵対する根本的な動機、つまり高度な知能やAIを動機づける要因を模索しているとのこと。

これに加え、詳細は控えるが前作で重要な存在となったRebecca Suttonが再登場を果たし、彼女に関する出来事が“System Shock 3”の出発点となる。

UNN RickenbackerのクルーメンバーだったThomas Suarezに加え、初代のガイド役を務めたRebecca Lansing、初代の主人公を務めたハッカー、さらにSystem Shock 2の主人公兵士も再登場を果たす。彼らはシリーズの新たなプレイヤーに向けて、過去に起こった彼ら自身の出来事を語る。

さらに、初代のハッカーを事件に巻き込んだTriOptimumの要人でCitadelのVPを務めたEdward Diegoの過去が掘り下げられるとのこと。

初代System ShockとSystem Shock 2は、当時人気だったサイバーパンクジャンルに強くインスパイアされたが、現在のサイバーパンクは最先端のジャンルとは言えず、来る“System Shock 3”には現代のオーディエンスが興味を示す要素が導入され、ハッキングやUI、HUDにもたらされるとのこと。



期待せずにはいられない
古き良き時代が再訪か?
( ◎)<リメイクも熱い。3作目も熱い
( 三)<プロフィール

TACHIBANA_3


Raptr Forum Signature

禁則事項
もしくは筋肉事項により
プロフィールは消した
・・・っと思ったら「登場人物」にプロフィールが

にほんブログ村 ゲームブログへ
人気ブログランキングへ

( 三)<カレンダー
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
( 三)<呟き
( 三)<アクセスカウンター
( 三)<応援しています
( 三)<最新記事
( 三)<最新コメント
( 三)<注目のタイトル
( 三)<カテゴリ
トップ (1)
登場人物 (1)
未分類 (0)
はじめ (3)
XBOX360 (973)
GoWあらすじ (2)
スカイリム:たびのきろく (9)
でど☆すぺ2 (11)
でど☆すぺ2 セツダン (2)
でど☆すぺ3 (18)
ニーアお父さんは心配症 (5)
伝説のフリージャーナリスト (7)
規格外のフリージャーナリスト (2)
ドラドグ!ウィイイ!!:スタン・ハンセン怒りのウエスタン・ラリアット物語!! (8)
魔法少女ありしあ☆マギカ (7)
ME3 Take Earth Back (6)
メトロ2033 各駅汚染地域 (9)
最恐:コンデムド (10)
また最恐:コンデムド2 (11)
ここは、楽園であってもただの楽園ではない (13)
ほむほむフロント (7)
シム人生3 (6)
Steam (238)
普通日記(に近い何か) (496)
大相撲観戦 (3)
ゲーム情報 (1925)
E3 (117)
TGS (18)
WWE (157)
ニコニコ動画(ようつべ含む) (195)
エルシャダイ (36)
ミツバチカテゴリとかマジ勘弁 (7)
レビュー (19)
Q&A (11)
コミケ (55)
シムズ2 (13)
フリーゲーム (5)
ai sp@ce (1)
描いてみた (2)
週末の一枚 (4)
セカンドライフ (3)
GTA (2)
ランキング (35)
ダンスゲームがしたい (2)
GOTY (6)
AOTY (6)
アカデミー賞 (5)
コマンドー (4)
エイラあああああああああああああ!!!! (1)
XboxOne (10)
VGX (1)
Origin (4)
凛キチ (4)
トレーラーの曲 (12)
TGA (3)
同人ゲーム (2)
プロレス (1)
艦これ (4)
GTA5MOD (5)
ラブライブ! (9)
Steamゲーム紹介 (3)
新日本プロレス (1)
ごちうさ (1)
Overwatch (3)
ガールズ&パンツァー (2)
Titanfall 2 (1)
Nintendo Switch (1)
ラブライブ!サンシャイン!! (1)
ずらあああああああああああああああ (1)
( 三)<月間アーカイブ
( 三)<検索フォーム
( 三)<アールエスエス
( 三)<リンク