3Dテレビ体験記

トレーダーで3500円くらいだったか
シヴィレボがあった
だがその値段じゃまだ満足する値段じゃないからスルーした

これ水曜の話だよ




怪物キタ!
TDU2の中では400km/h越はできるのか!?


CA3F2078.jpg

CA3F2079.jpg

CA3F2080.jpg

メイキングはわざわざ吹き替えにしなくてもいいんだぞw



新聞記事によると

「任天堂はこのほど、2月26日に発売予定の携帯ゲーム機「ニンテンドー3DS」について、6歳以下の子どもは長時間の3D利用を避け、2Dに切り替えて利用するよう呼びかける注意文をWebサイトに掲載した。」

とあり、
その理由は、
「目の成長に影響するため」
と書いてあります。

この記事を読んで一般の方は
DS ⇒ ゲーム ⇒ 近視 ⇒ メガネ
と連想して、従来のDSと同様、休憩しながらやっていけばよいのかな
と軽く考えておられる方もいらっしゃるのではないかと思います。

しかし、6歳くらいまでの子供は、両眼視と言って両目を使って物を見る機能、遠近感や立体感などを覚えるのに大切な時期で、その時期の3D映像は両眼視の成長にも影響するのです。

ところが、中には急性の内斜視を発症という、もっと重篤なケースもあるのです。

以前、このブログでも3D映像はなぜ疲れるかについて書きました。

その理由は、人の目には近くのものにピントを合わせる調節機能と、それに応じて眼球を内側に寄せる輻輳機能があり、普段は両機能がバランスをとって働いています。

しかし、3D映像は仮想映像のため、そのバランスが崩れるために疲れを生じることがあるのです

とくに、飛び出している3D映像を見ているときには眼球を内側に寄せる輻輳機能が過剰に働いていることが多いようです。
それが、小児の場合には、調節と輻輳のバランス機能が未熟です。
特に遠視がある場合には、普段遠くを見るときにも、本来近くを見るときに働く調節機能が過剰に働いています。
調節機能が働けばそれに見合う輻輳も働きますので、遠視の強い子供は内斜視になりやすい。
これを調節性内斜視と言います。

それでもその程度が軽ければなんとか目の位置をまっすぐに維持できているのですが、そこで輻輳機能が過剰に働く飛び出す3D映像を見るとその瞬間にまっすぐ見ることが維持できず、ついには内斜視になってしまい、中には目の位置が内側に寄ったまま元に戻らなくなってしまったケースもあるようです。


すなわち、まとめると

遠視 ⇒ 過剰調節 ⇒ それに応じた輻輳過剰 ⇒ それでも何とかまっすぐの目の位置を維持 ⇒ 3D映像 ⇒ さらなる輻輳過剰 ⇒ まっすぐの目の位置を維持できず内斜視に


このようなケースがあります。

『4歳の男の子。
3D映画を見た後、急性の内斜視を発症。
経過観察をしても改善せず、最終的には手術を行う』

その男の子も軽い遠視がありました。

軽い遠視は視力が良いことがあり気が付いていないこともあります。


こういうケースはまれなケースであると思いますが、やはり、メーカーが注意しているように、6歳以下の子供には3D映像は見せないほうが無難であると思います。

これは、新しい3DSのゲームだけではなく、3D映画、3Dテレビでも同様のことが言えます。

なお、3DSには3D効果を調整できるスライダーがあり、3D機能を完全にOFFにすることが可能となっていますので、メーカーの推奨するとおり、6歳までは2Dでゲームを楽しまれたほうがよいでしょう。

またそれ以降の年齢でも輻輳がうまくできない子供さんは眼精疲労を生じやすくなります。

プレイステーションのソニーも次のような文章をサイトにのせています。
「お子さま(特に6歳未満の子)が3D映像を視聴したり、3D立体視ゲームをプレイする前に、小児科や眼科などの医師にご相談いただくことをおすすめします」


小さな子供さんが3D映像を日常的に見られているときには、一度眼科で詳しく調べられたほうがよいでしょう。


これも水曜の話
ヨドバシによってレグザLEDがあるか確認
その際に初めて3Dメガネで3Dテレビを体験した

やはり疲れる
体制に。ずっと立ってなきゃいかないのだ
3Dだから飛び出すのではなく奥行きがあるだけで
そんな大して変わりはない

メガネが固定してあるから方向変えたりできないから
100%楽しめたは言えない
なんとかメガネをチェーンなどとか付けて
違う角度から見れるようしてくれないかな
関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

( 三)<プロフィール

TACHIBANA_3

主にSteamでゲームプレイ
ラブライブ!により良い意味で人生が狂った
あとプロレスと大相撲も

にほんブログ村 ゲームブログへ
人気ブログランキングへ

( 三)<カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
( 三)<呟き
( 三)<アクセスカウンター
( 三)<最新記事
( 三)<最新コメント
( 三)<注目のタイトル
( 三)<カテゴリ
トップ (1)
登場人物 (1)
未分類 (0)
はじめ (3)
XBOX360 (991)
GoWあらすじ (2)
スカイリム:たびのきろく (9)
でど☆すぺ (17)
でど☆すぺ2 (11)
でど☆すぺ2 セツダン (2)
でど☆すぺ3 (19)
ニーアお父さんは心配症 (5)
伝説のフリージャーナリスト (7)
規格外のフリージャーナリスト (2)
ドラドグ!ウィイイ!!:スタン・ハンセン怒りのウエスタン・ラリアット物語!! (8)
魔法少女ありしあ☆マギカ (7)
ME3 Take Earth Back (6)
メトロ2033 各駅汚染地域 (9)
最恐:コンデムド (10)
また最恐:コンデムド2 (11)
ここは、楽園であってもただの楽園ではない (13)
ほむほむフロント (7)
シム人生3 (6)
Steam (385)
普通日記(に近い何か) (523)
大相撲観戦 (10)
ゲーム情報 (2567)
E3 (138)
TGS (18)
WWE (235)
ニコニコ動画(ようつべ含む) (195)
エルシャダイ (36)
ミツバチカテゴリとかマジ勘弁 (7)
レビュー (19)
Q&A (11)
コミケ (57)
シムズ2 (13)
フリーゲーム (5)
ai sp@ce (1)
描いてみた (2)
週末の一枚 (4)
セカンドライフ (3)
GTA (2)
ランキング (35)
ダンスゲームがしたい (2)
GOTY (6)
AOTY (8)
アカデミー賞 (5)
コマンドー (4)
エイラあああああああああああああ!!!! (1)
XboxOne (10)
VGX (1)
Origin (7)
凛キチ (6)
トレーラーの曲 (12)
TGA (6)
同人ゲーム (2)
プロレス (1)
艦これ (4)
GTA5MOD (5)
ラブライブ! (11)
Steamゲーム紹介 (4)
新日本プロレス (1)
ごちうさ (1)
Overwatch (3)
ガールズ&パンツァー (2)
Titanfall 2 (1)
Nintendo Switch (1)
ラブライブ!サンシャイン!! (7)
ずらあああああああああああああああ (3)
Uplay (2)
おま国タイトルレビュー (1)
水曜日のダウンタウン (0)
AEW (2)
ラブライブ!シリーズ (1)
( 三)<月間アーカイブ
( 三)<検索フォーム
( 三)<アールエスエス
( 三)<リンク