笑いを吹き、涙を堪えての映画けいおん!

( 三)<一部の映画オタクには名作であるだろうSF映画『スターシップ・トゥルーパーズ』がニール・H・モリッツによってリメイク企画に着手したそうだよ
「軽い気持ちで入隊したら・・・あかんでー」そんな皮肉に描かれた反戦映画か
( ;三)<最初に流れるあの入隊して市民権を得る・・・
君も入隊して市民になろう!。ハハハハハハハ!!
嫌だね!!


r0iu50ihit6ik.jpg

狂気声のくぎゅは俺にとって笑いを誘ってるかのような


rk905i5654.jpg

どこにでも来るアイヤー
( ;三)<林間学校の回でも出前来たよね


fr99ru8ktsj.jpg90uer9u5ujer.jpg

日野はあと何年経てばダース・シディアスになるの?
( ;三)<あの顔からしてもうなってると思う



『South Park: The Game』の初ディテール


■『Dungeon Siege III』のゲームエンジンを採用

■冒険の進行はキャラクターが左右に移動する2D式で行われるが、一本道にならないよう画面の手前や奥への分岐点も存在する

■原作の生みの親マット・ストーン氏とトレイ・パーカー氏は15年以上に相当するアニメの素材をゲームのために提供した

■プレイヤーは好きなキャラクターをカスタマイズして作成。パーカー氏の好みで主人公は一切喋らない設定になっている

■主人公の所持するスマートフォンがゲームメニューのように機能、Facebook風アプリに現在の友人が表示される

■5つのクラスが存在、現在判明しているのはWizard、Paladin、Adventurer、Rogueの4つ

■脚本の変更に順応するためObsidianはダイナミックなリップシンクツールを開発

■クリティカルヒット、報酬金、経験値、消耗品などの要素

■パーカー氏はスキップできないカットシーンを嫌っている

■ゲーム中のセリフでは主に他のRPG作品への風刺が多く含まれる

■主人公は最近町にやってきた少年の役

■少年達が“ロールプレイングゲームごっこ”をするところからゲームは開始、その後本当の冒険へと発展していく

■エリック・カートマンはプレイヤーがクラスを選ぶ際の案内役を務める

■ペーパーマリオやマリオ&ルイージRPGと似た多くの戦闘要素を持つ

■プレイヤーが戦闘を開始した場合は先に攻撃が可能(その逆もあり)

■Xボタンは近接攻撃、タイミングよく押せば連続攻撃が発動

■ボタンのタイミングは防御でも使用、成功すればダメージを軽減できる

■Obsidianは戦闘中にアニメーションをただ流すようなことはしたくなかった

■敵をスタンさせるRo Sham Bo攻撃などある技を使用する際はダイナミックなカメラアングルに対応

■敵との遭遇はマップ上で表示

■ソーダは回復ポーション、コーヒーはスピードアップ

■近接武器や遠距離武器が存在、Okama Gamesphereなどの強力な魔法アイテムも

■炎、毒、電撃などを武器に追加するファイナルファンタジーのマテリア風システム

■詳細は不明ながら召還システムも存在

■アニメにも登場したChinpokomon人形や雑誌など、ゲーム中の様々な場所に収集アイテムが隠されている

■洞窟に行って巨大コウモリを倒すという当初のクエスト案は、サウスパーク風ではないという理由により、City WokでKung Pao Chickenを手に入れるというものに変更された

■ストーン氏とパーカー氏は拠点となる町を作るにあたって、町の本当のレイアウトに改めて気付き、どこに何があるかを楽しみながら考えることになった

■ジャンプするといったプラットフォーミング要素はない

■全てが手描きのイラストとアニメーションで構成されているため、その描写に見合わない多くのステージがボツにされた

■コメディー主導のゲームを作るのは挑戦だった。『Portal 2』の素晴らしいダイアログが例に出された

■“Gnome Mine”、“UFO Crash Site”、“Gnome/Crab People D.M.Z.”、“Christmas Town”などのゲーム舞台の手がかりとなるコンセプトアート


ダメだあああああ!!
チンポコモンが出ちゃ日本で出せねえええええええええ!!



当然WOWOWでは放送されず
日本版DVDにも収録されていない
( ;三)<2000年度のエミー賞にノミネートされた回だよ


CA3F3089.jpg

2期の最終回の補完とも言うべき作品だった
1期から2期まで全話見ていたなら納得と満足する映画だ

前半は卒業旅行のロンドンパート
後半は梓への贈りものを送るパート

笑いは我慢してたけど・・・・とある罰ゲームのシーンでは思わずw
だが最後の演奏シーンでは・・・・危うく目の雫を落としそうになった

『天使にふれたよ!』ができるまでの作品でもあったね
見事に2期の最終回にリンクしてくれてたしね

( 三)<地上波未放送の番外編であるWEB限定で公開された『計画!』は観たほうがよろしかったですか?
観てなくてもいいけど、観てたほうがもっと楽しめただろう
( ;三)<「だろう」?。あんた観てなかったの?
知らなかっただけ

けいおん!好きであれば劇場へ足を運ぶ価値がある
「初めてけいおん!を観るけど大丈夫かな?」な人は、残念ながら楽むことは難しい
最低でも1期と2期を全話見てないと楽しむことはできない
( ;三)<要言えば全部か!!
こういったアニメ映画はまず何かしら全話見て基礎知識がないと楽しめない

気になる映画館に来てた人たちだが
中高生はもちろんのことだ。しかし意外にも小学生や親子連れもチラホラといた
( ;三)<小学生の間でもブームになってるの!?
来てたんだからなってるんだろ


これで今年観る映画は最後となったが
来年はもういろいろと観るのが決まってたりする

■『ALWAYS 三丁目の夕日'64』 1月21日公開
■『ドラゴンエイジ -ブラッドメイジの聖戦-』 2月11日公開
■『ストライクウィッチーズ 劇場版』 3月17日公開

ドラゴンエイジだけはまだ観るかどうかは未定
関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

( 三)<プロフィール

TACHIBANA_3

主にSteamでゲームプレイ
ラブライブ!により良い意味で人生が狂った
あとプロレスと大相撲も

にほんブログ村 ゲームブログへ
人気ブログランキングへ

( 三)<カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
( 三)<呟き
( 三)<アクセスカウンター
( 三)<最新記事
( 三)<最新コメント
( 三)<注目のタイトル
( 三)<カテゴリ
トップ (1)
登場人物 (1)
未分類 (0)
はじめ (3)
XBOX360 (991)
GoWあらすじ (2)
スカイリム:たびのきろく (9)
でど☆すぺ (17)
でど☆すぺ2 (11)
でど☆すぺ2 セツダン (2)
でど☆すぺ3 (19)
ニーアお父さんは心配症 (5)
伝説のフリージャーナリスト (7)
規格外のフリージャーナリスト (2)
ドラドグ!ウィイイ!!:スタン・ハンセン怒りのウエスタン・ラリアット物語!! (8)
魔法少女ありしあ☆マギカ (7)
ME3 Take Earth Back (6)
メトロ2033 各駅汚染地域 (9)
最恐:コンデムド (10)
また最恐:コンデムド2 (11)
ここは、楽園であってもただの楽園ではない (13)
ほむほむフロント (7)
シム人生3 (6)
Steam (385)
普通日記(に近い何か) (523)
大相撲観戦 (10)
ゲーム情報 (2567)
E3 (138)
TGS (18)
WWE (235)
ニコニコ動画(ようつべ含む) (195)
エルシャダイ (36)
ミツバチカテゴリとかマジ勘弁 (7)
レビュー (19)
Q&A (11)
コミケ (57)
シムズ2 (13)
フリーゲーム (5)
ai sp@ce (1)
描いてみた (2)
週末の一枚 (4)
セカンドライフ (3)
GTA (2)
ランキング (35)
ダンスゲームがしたい (2)
GOTY (6)
AOTY (8)
アカデミー賞 (5)
コマンドー (4)
エイラあああああああああああああ!!!! (1)
XboxOne (10)
VGX (1)
Origin (7)
凛キチ (6)
トレーラーの曲 (12)
TGA (6)
同人ゲーム (2)
プロレス (1)
艦これ (4)
GTA5MOD (5)
ラブライブ! (11)
Steamゲーム紹介 (4)
新日本プロレス (1)
ごちうさ (1)
Overwatch (3)
ガールズ&パンツァー (2)
Titanfall 2 (1)
Nintendo Switch (1)
ラブライブ!サンシャイン!! (7)
ずらあああああああああああああああ (3)
Uplay (2)
おま国タイトルレビュー (1)
水曜日のダウンタウン (0)
AEW (2)
ラブライブ!シリーズ (1)
( 三)<月間アーカイブ
( 三)<検索フォーム
( 三)<アールエスエス
( 三)<リンク