舞台は再びラプチャーへ

気になったWWEニュース

■マット・モーガンが10月12日のFWE大会に出場。対戦相手はジョン・モリソン
■ライバックがオーストラリア公演でのファンのサインボードに激怒。サインボードには『Feed Me More, 'Roids』。訳すと「もっとステロイドをくれ」
■WWEがファンにどのディーヴァが復帰といほしいかアンケートを行った結果……

1位:ケリー・ケリー(23%)
2位:リタ(17%)
3位:トリッシュ・ストラタス(11%)
4位:メリーナ(8%)
5位:ベス・フェニックス(6%)
6位:ミシェル・マクール(5%)
7位:ステイシー・キーブラー(4%)
7位:トリー・ウィルソン(4%)
9位:マキシン(2%)

マリースが入ってない件について



短編アニメーション化に向け、映画化権の取得を目指す資金調達をKickstarterで進めているAmerican McGee氏とSpicy Horseの「Alice: Otherlands」ですが、キャンペーンの終了が4日後に迫るなか、資金調達は初期ゴールの20万ドルに対し、約14万1,200ドルと厳しい状況が続いており、Spicy Horseのラストスパートに期待が掛かる状況となっています。

そんな中、アップデートは順調に進められており、ブラム・ストーカーの精神世界で巨大なドラキュラと戦うアリスの姿や、トールキンにも強い影響を与えた近代デザインの父ウィリアム・モリスのテキスタイルをモチーフにしたアートワーク、サン=サーンスの交響詩“死の舞踏”をイメージした禍々しい作品など、素敵なアートワークが4枚公開されています。

旧“OZombie”に続いて苦戦が続くAmerican McGee氏とSpicy Horseですが、これらのアートワークや19世紀後半に実在した文化と強い接続を持つAmerican McGee氏らしい作品性にぐっときた方は短編アニメーション化と長編アニメーションの可能性に出資を検討してみてはいかがでしょうか。

image-298107-full.jpg

image-298701-full.jpg

image-300829-full.jpg

image-300198-full.jpg


だって短編アニメじゃ……
( ;◎)<ゲームだったらすぐに目標資金額に到達するだろうな


IMG_0833.jpg

今年の夏は行く日を間違わないように
3日目のジャンルが2日目に、2日目のジャンルが3日目に
東方目当てに行く人は3日目だよ



本日、DLCと見られる何らかの発表が予告されていたIrrational Gamesの「BioShock Infinite」ですが、先ほど海外でDLC情報が解禁され、Wave形式のゲームプレイが楽しめる第1弾DLC“Clash in the Clouds”が正式に発表され、本日から利用可能となることが明らかになりました。

さらに、2パートに渡って描かれるストーリーDLC“Burial at Sea”のエピソード1に関する発表も行われ、新たな舞台が海底都市ラプチャーであることを示唆するティザーイメージと、悪女感漂う新デザインのエリザベスが登場するトレーラーが公開されています。

なお、“Clash in the Clouds”と“Burial at Sea”はそれぞれシーズンパスに適用されるDLCで、単体で購入する場合の価格は“Clash in the Clouds”が5ドル、“Burial at Sea”が14.99ドルとなっています。







海外で情報が解禁され発表を迎えた「BioShock Infinite」の第1弾DLC“Burial at Sea”と第2弾DLC“Burial at Sea”エピソード1ですが、ファムファタル的な振る舞いのエリザベスが登場する“Burial at Sea”のトレーラーにはまだ活気に溢れていた頃の海底都市ラプチャーが描かれており、余りの突拍子もない展開に多くのファンが混乱と歓喜の声を上げる状況となっています。

今回は、今週月曜にボストンで行われたDLCのプレスイベント会場でKen Levine氏が語った第2弾DLC“Burial at Sea”エピソード1のディテールと、なんとエリザベスがプレイアブルキャラクターとして登場することが明言された“Burial at Sea”エピソード2に関する気になる情報をまとめてご紹介します。

•“Burial at Sea”はエピソード1と2の2部構成で描かれるストーリーDLCで、舞台は1958年の大晦日、崩壊前の海底都市ラプチャーで爆破事件が発生し革命(※ アトラスとアンドリュー・ライアンがラプチャーの支配を巡り争った内戦を指す)が始まるまさに“その日”に物語が開始される。

•“Burial at Sea”には、新たな武器とPlasmid(※ Vigor)が登場するほか、ビッグダディも登場する予定。

•“Burial at Sea”のエピソード1はブッカーとしてプレイするが、後編のエピソード2ではエリザベスがプレイアブルキャラクターとなる。Ken Levine氏によるとエリザベスのプレイはブッカーとかなり異なるスタイルに変更されるとのこと。

•“Burial at Sea”の冒頭では、ブッカーがある女性に依頼され、ラプチャーへと足を踏み入れることになるが、この女性の素性は明かされなかったものの、Ken Levine氏はブッカーと女性が顔見知りではないことを付け加えている。

•ラプチャーの構造はそのほとんどが新たに構築され、以前は2Dで表現された都市の外部も3Dで再現されている。

•“Burial at Sea”は初代BioShockが開始される1年前のラプチャーを描き、初代に登場したキャラクター達が数名登場するが、彼らは単なるカメオ出演ではなく、ストーリーに深く組み込まれる。

•“Burial at Sea”当時のラプチャーは、丁度ライアンと対立した起業家フランク・フォンテインが失墜した直後で、エピソード1の後半の多くはライアンがフォンテインの関係者を閉じ込めて海底へと沈めたフォンテイン百貨店で発生する。Ken Levine氏によると、フォンテイン百貨店はある意味アルカトラズ刑務所のような状況となっており、プレイヤーはラプチャーの崩壊とスプライサーの登場といったイベントを目の当たりにする。

•“Burial at Sea”のゲームプレイは初代BioShockを意識した作りとなっている。

•ビッグダディの登場について、Ken Levine氏は明言を避けたが、「ビッグダディ達がいなければ皆残念に思うだろうね」と登場を示唆している。

•“Burial at Sea”はBioShock Infinite本編に合理的な解釈を与える内容となるか、それとも完全に別のエピソードか?との質問に答えたKen Levine氏は、全てを包括する内容になるだろうと答えている。

•“Burial at Sea”のリリース時期については、両エピソードとも明言されていないが、一部メディアではエピソード1が今年後半リリース予定と報じられている。

•Ken Levine氏によると、エピソード2で実装されるエリザベスのゲームプレイは、よりサバイバルホラーよりな調整が加えられるとのこと。また、エリザベスがブッカーよりも脆弱であることに加え、ビッグダディと共闘しないことも明言され、ゲームプレイがThiefと刻命館を組み合わせたような内容になるとの説明がなされた。(※ 氏はティアで何かを呼び出し、環境を利用しこっそりと回避するプレイがその一部だと語っているが、まだ開発が初期段階で様々思索中とのこと)

•現在の開発状況はエピソード1がベータ入りした段階で、エピソード2は開発初期状態にあり、Ken Levine氏がエリザベスを初めてプレイしたばかりとのこと。



第1弾はどうでもいい
GoWで言うHordeみたいなものだし

本命は第2弾と第3弾だよ
1作目と2作目をやった人にとってはマストバイだ
( ;◎)<だがしかし……
俺は既に売ってしまった
配信される頃には買い直すと思うが
関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

( 三)<プロフィール

TACHIBANA_3

主にSteamでゲームプレイ
ラブライブ!により良い意味で人生が狂った
あとプロレスと大相撲も

にほんブログ村 ゲームブログへ
人気ブログランキングへ

( 三)<カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
( 三)<呟き
( 三)<アクセスカウンター
( 三)<最新記事
( 三)<最新コメント
( 三)<注目のタイトル
( 三)<カテゴリ
トップ (1)
登場人物 (1)
未分類 (0)
はじめ (3)
XBOX360 (991)
GoWあらすじ (2)
スカイリム:たびのきろく (9)
でど☆すぺ (17)
でど☆すぺ2 (11)
でど☆すぺ2 セツダン (2)
でど☆すぺ3 (19)
ニーアお父さんは心配症 (5)
伝説のフリージャーナリスト (7)
規格外のフリージャーナリスト (2)
ドラドグ!ウィイイ!!:スタン・ハンセン怒りのウエスタン・ラリアット物語!! (8)
魔法少女ありしあ☆マギカ (7)
ME3 Take Earth Back (6)
メトロ2033 各駅汚染地域 (9)
最恐:コンデムド (10)
また最恐:コンデムド2 (11)
ここは、楽園であってもただの楽園ではない (13)
ほむほむフロント (7)
シム人生3 (6)
Steam (385)
普通日記(に近い何か) (523)
大相撲観戦 (10)
ゲーム情報 (2567)
E3 (138)
TGS (18)
WWE (235)
ニコニコ動画(ようつべ含む) (195)
エルシャダイ (36)
ミツバチカテゴリとかマジ勘弁 (7)
レビュー (19)
Q&A (11)
コミケ (57)
シムズ2 (13)
フリーゲーム (5)
ai sp@ce (1)
描いてみた (2)
週末の一枚 (4)
セカンドライフ (3)
GTA (2)
ランキング (35)
ダンスゲームがしたい (2)
GOTY (6)
AOTY (8)
アカデミー賞 (5)
コマンドー (4)
エイラあああああああああああああ!!!! (1)
XboxOne (10)
VGX (1)
Origin (7)
凛キチ (6)
トレーラーの曲 (12)
TGA (6)
同人ゲーム (2)
プロレス (1)
艦これ (4)
GTA5MOD (5)
ラブライブ! (11)
Steamゲーム紹介 (4)
新日本プロレス (1)
ごちうさ (1)
Overwatch (3)
ガールズ&パンツァー (2)
Titanfall 2 (1)
Nintendo Switch (1)
ラブライブ!サンシャイン!! (7)
ずらあああああああああああああああ (3)
Uplay (2)
おま国タイトルレビュー (1)
水曜日のダウンタウン (0)
AEW (2)
ラブライブ!シリーズ (1)
( 三)<月間アーカイブ
( 三)<検索フォーム
( 三)<アールエスエス
( 三)<リンク