ワラワラワラワラワラワラワラ

これで終わりにする



核戦争後のモスクワを舞台にしたFPS『Metro 2033』と『Metro: Last Light』をHDリメイクした、4A Games開発の『Metro Redux』。E3 2014のIGN Liveにて披露されたゲームプレイ映像が公開されています。

この映像では『Metro 2033』のチャプター2-6であるDead City 1をプレイ。同作でお馴染みの目標が書いてある方向指示器付きバインダーと光学サイト付きBastardライフルを持って、地上に出てくるところから始まります。前作にはなかった光学サイト付きBastardライフルもそうですが、UIやマップの演出そして構造も多少変化しています。

特にガスマスクの最大利用時間を確認できる腕時計のタイマーが、アナログ式から小型ニキシー管を使用したデジタル式に変化ているというのが、この『Redux』版の改良された要素を表現しているかのようです。他にもかなりの変更点がこの動画から確認できるので、『Metro』シリーズファンは今後の動向を含めてチェックしておきましょう。

本作はPC/PS4/Xbox One向けに『Metro Redux』は49.99ドルで2014年夏発売予定。単品のデジタル版である『Metro 2033 Redux』と『Metro: Last Light Redux』はそれぞれ24.99ドルです。




汚染水にダイブww
あんなに水嵩が増してて笑った
( ;◎)<あれ死ぬよ普通



今月2日に正式アナウンスが行われ、Crytek UK(旧Free Radical Design)が開発を手掛けることが報じられた期待の続編「Homefront: The Revolution」ですが、新たに“E3 All Access Live”が本作のプレゼンテーションを放送し、ミッション管理や周辺状況の確認、リソースを含むオブジェクトのスキャンなど、スマートフォンを活用するゲームプレイや、プレビュー情報にも登場していたラジコンカー、美しいビジュアルなど、来る最新作の気になる要素をたっぷりと収録した映像がお披露目されました。

前作の直接的な続編となる“Homefront: The Revolution”は2015年リリース予定で、対応プラットフォームはPS4とXbox One、PC、Mac、Linuxとなっています。




使用してるエンジンが異なるおかげで綺麗に蘇ってる
( ◎)<あのスーツは着てないしエイリアンは出ないが、クライシスをベースにしたホームフロントかな?



韓国Bluesideが開発する「Kingdom Under Fire 2」は数千のキャラクターがぶつかる戦いを楽しめるMMOストラテジーである。プレーヤーは数百の兵士を率いるリーダーとなるキャラクターを育てていく。従来にない大規模戦闘の描写が大きな魅力だ。

本作は「Kingdom Under Fire」シリーズの最新作であり、今回PC版と共にPS4版も発表され、6月9日に行なわれた「Playstation E3 press conference 2014」でもPS4の基本プレイ無料タイトル(F2P:Free to Play)の1つとして紹介された。本作はアメリカや韓国を初め、日本や東南アジア各国など様々な国でサービス予定だ。

今回、E3会期中に「Kingdom Under Fire 2」のプロデューサーを務めるBlueside CEOのSang Youn Lee氏に作品の特徴などを聞くことができた。

「Kingdom Under Fire 2」は元々は2009年頃から開発をスタートしているタイトルで、PC版に関してはクローズドβテストを2011年に行なっているが、正式サービスまでには至っていない。日本や韓国はアメリカに先がけてサービスを行なうべく準備を進めているという。

本作の基本的な進行は韓国でメジャーなMMORPGと同様なものとなる。プレーヤーは街でクエストを受け、フィールドやダンジョンに旅立っていき、報酬を得てレベルアップしたいく。装備などのパワーアップや、ギルドを形成し、攻城戦を繰り広げるなども、「リネージュII」などの韓国のMMORPGの手法を積極的に取り入れている。

本作が他のMMORPGと異なるのは、“軍団”の存在にある。「Kingdom Under Fire 2」ではプレーヤーは兵士を雇うことができる。レベル5で50人ほどの部隊を1つ、一定のレベルが上がることで雇える部隊が多くなっていく。ゲームではマップの移動や、マップ上での狩りなどは1人で行なうが、インスタンスダンジョンなどでは兵士を起用して行なっていくのだ。

インスダンジョンはソロプレイのもの、複数のパーティが必要なものがあり、キャラクターだけで進めるものもあるが、兵士を連れて行くマップもある。今回ゲーム初期のダンジョンを見ることができたが、プレーヤーキャラクター3人、1人のプレーヤーが150以上の兵士を率いて戦う場面で、敵はさらに倍以上の軍勢が待ち構えていた。プレーヤーは兵士を率い、仲間と共に戦いを挑み、敵軍隊に食い込んでいった。フィールドは広大で、今戦っている軍隊の向こうにも敵軍がいる。本作ではインスタンスダンジョンでも2千人近くの敵味方が入り乱れるという。

ゲームではプレーヤーは自身のプレーヤーキャラクターに加え、兵士達をリアルタイムで指揮していく。兵士達へは目的地を指示するRTS方式だ。各部隊のスキルを活用しながらも戦える、ちなみに戦いで消耗した兵士達は、プレーヤーのスキルや戦場の復活ポイントから補充が可能だ。

プレーヤーキャラクターは兵士に関するスキルツリーを持っており、や雇える兵士のアップデートや、編制なども行なえる。兵士は剣で切り込む騎士や、弓兵、魔法使いなど様々な種類がある。複数の部隊を組み合わせ、プレーヤーキャラクターのスキルと合わせ自分なりの戦い方を決めていくのが、本作の楽しさだ。

「Kingdom Under Fire 2」は兵士を率いての戦いにこそ“華”がある。プレーヤーキャラクターは特別な存在で、衝撃波を飛ばすスキルや、前方に向かって激しい銃撃を与えるスキルなど多彩なスキルで一騎当千の活躍をする。NPC軍隊の場合は、部隊のリーダーが巨大なサソリや象のような怪物だったりバラエティ豊かだ。本作ではインスタンスダンジョンや、8対8での戦いが行なえる小規模戦闘、さらにギルドが陣地を巡って争うギルド戦など様々な場面で兵士を率いた戦いが用意されている。

Lee氏はこの多数の兵士が戦う戦場を作り出すのに本当に苦労したと語った。開発初期はXbox 360やPS3向けに開発を行なっていたが、PS4の性能で思い描く大規模な戦いができたとのこと。理論的には1万人以上の兵士がぶつかる戦場を表現することも可能だが、それは通信インフラの充実や、今後の最適化を進めていかねばならないとのことだ。

今回デモプレイを見て、本作ならではの世界観や、韓国MMORPGならではの華美な装備の表現、細かいカスタマイズができるシステムなどにも魅力を感じたが、やはりなんといっても数千の兵士達がぶつかる戦場の表現に圧倒された。基本プレイ無料のゲームでこの戦場が楽しめるとあらば、多くのプレーヤーが興味を持つし、PS4の高い性能を実感してみたいと思っているユーザーにはとても魅力的な作品となるだろう。

Lee氏はファンへのメッセージとして「本作は開発に時間がかかり、長い間完成をお待たせしてしまいました。ようやく、もうすぐ皆様に私たちの作品をお見せできます。すごく面白く、クオリティの高いゲームとするために現在も努力しています。ご期待ください」と語った。

hl0rhjrjr.jpg
rtjho05ujrjr.jpg
eo0yeryh4u4.jpg
ero0y4ryhruh4.jpg
wi9k4y4ru4.jpg




この数
ありえねえええええええええええええええええ!!!
( ;◎)<まずは生存確認だ!
韓国のことだし死んだと思った。これだけは手放したくないってか
関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

( 三)<プロフィール

TACHIBANA_3


Raptr Forum Signature

禁則事項
もしくは筋肉事項により
プロフィールは消した
・・・っと思ったら「登場人物」にプロフィールが

にほんブログ村 ゲームブログへ
人気ブログランキングへ

( 三)<カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
( 三)<呟き
( 三)<アクセスカウンター
( 三)<応援しています
( 三)<最新記事
( 三)<最新コメント
( 三)<注目のタイトル
( 三)<カテゴリ
トップ (1)
登場人物 (1)
未分類 (0)
はじめ (3)
XBOX360 (974)
GoWあらすじ (2)
スカイリム:たびのきろく (9)
でど☆すぺ2 (11)
でど☆すぺ2 セツダン (2)
でど☆すぺ3 (19)
ニーアお父さんは心配症 (5)
伝説のフリージャーナリスト (7)
規格外のフリージャーナリスト (2)
ドラドグ!ウィイイ!!:スタン・ハンセン怒りのウエスタン・ラリアット物語!! (8)
魔法少女ありしあ☆マギカ (7)
ME3 Take Earth Back (6)
メトロ2033 各駅汚染地域 (9)
最恐:コンデムド (10)
また最恐:コンデムド2 (11)
ここは、楽園であってもただの楽園ではない (13)
ほむほむフロント (7)
シム人生3 (6)
Steam (250)
普通日記(に近い何か) (496)
大相撲観戦 (4)
ゲーム情報 (1963)
E3 (117)
TGS (18)
WWE (163)
ニコニコ動画(ようつべ含む) (195)
エルシャダイ (36)
ミツバチカテゴリとかマジ勘弁 (7)
レビュー (19)
Q&A (11)
コミケ (55)
シムズ2 (13)
フリーゲーム (5)
ai sp@ce (1)
描いてみた (2)
週末の一枚 (4)
セカンドライフ (3)
GTA (2)
ランキング (35)
ダンスゲームがしたい (2)
GOTY (6)
AOTY (6)
アカデミー賞 (5)
コマンドー (4)
エイラあああああああああああああ!!!! (1)
XboxOne (10)
VGX (1)
Origin (5)
凛キチ (4)
トレーラーの曲 (12)
TGA (3)
同人ゲーム (2)
プロレス (1)
艦これ (4)
GTA5MOD (5)
ラブライブ! (10)
Steamゲーム紹介 (3)
新日本プロレス (1)
ごちうさ (1)
Overwatch (3)
ガールズ&パンツァー (2)
Titanfall 2 (1)
Nintendo Switch (1)
ラブライブ!サンシャイン!! (2)
ずらあああああああああああああああ (1)
( 三)<月間アーカイブ
( 三)<検索フォーム
( 三)<アールエスエス
( 三)<リンク