死んだらサポートへ

気になったWWEニュース

■来週のRAWにハルク・ホーガンとリック・フレアーが登場する予定。かも
■WWEネットワークの収益悪化で動画再生中に動画広告が流れるようになる
■ワイアット・ファミリーのエリック・ローワンとルーク・ハーパーが離脱して、ジ・アセンションが加入が

最近試合しないでプロモしか出てない
大きな怪我をしてるわけでもないし



予てから、Borderlands 2やDishonored、Total War: Rome IIをといった注目作を含むラインアップや頻度の強化が図られているSteamのフリーウィークエンド企画ですが、最新の適用タイトルが本日アナウンスされ、今週は“Injustice: Gods Among Us”や“PayDay 2”、“Company of Heroes 2”、“Killing Floor”といった注目作を含む10作品がまとめて無料でプレイできる豪華な内容となっていることが明らかになりました。

なお、今週のフリーウィークエンドは10月16日PT午前10時(日本時間の10月17日午前2時)からとなっており、企画の開始に併せて各タイトルのセールも行われる予定となっています。

注目タイトルが多く並ぶ10作品のラインアップは以下からご確認下さい。

Awesomenauts
Blade Symphony
Company of Heroes 2
Don’t Starve
Grid 2
Injustice: Gods Among Us
Killing Floor
Payday 2
Trine 2
XCOM: Enemy Unknown



遊んで気に入ったら即買い!
するのではなく、オータムセールかウィンターセールで最安値を待て
それか鍵屋で頼む
とりあえず『Payday 2』と『Killing Floor』があれば続編が出るまでは一生遊べるはず


2014-10-16_00001_payday2.jpg
PAYDAY 2

明日はいよいよ1作目が無料配信されるぞ
2作目とは大きな違いがいくつかあるからwikiを読んでおくといい



シリーズの原点回帰を目指した『Rainbow Six: Siege』には、リスポーンが存在しないことをUbisoftが公式ブログで明かしている。

近年のFPSではほぼ見られなくなったリスポーンの全面禁止だが、あえて導入を決めた理由をUbisoftは次のように説明する。

ワン・ライフとは正にその名の通り。『Tom Clancy’s Rainbow Six Siege』では、ラウンド中のライフが一つしかなく、それを失うと次のラウンドまで復帰することはできない。『Rainbow Six: Siege』をデザインする際、我々は何よりもまず、リスポーン禁止ルールこそが本作で目指す3本の柱、つまり連携、戦術、そして緊張感の全てに関連していることに気付いた。この3本の柱は、『Tom Clancy’s』ビデオゲーム・シリーズの心臓部というだけでなく、現在のFPS市場に欠けているものだ。チームとしてプレーするゲームであっても、走り回って撃ちまくるゲームは反射神経に重きを置く一方で他のスキルはないがしろにされており、戦闘との乖離や孤独感を感じるかもしれない。『Siege』では、そのようなことにはならない。


開発初期段階でUbisoftはリスポーンを許可したルールを試したものの、優れたプレーヤー1人でチーム全体を牽引することができてしまったために、見直しを迫られた。リスポーンを禁止するとこれが一変し、結果的によりバランスの取れたラウンドを実現することができたという。

『Tom Clancy’s Rainbow Six Siege』のゲームプレー体験を磨き上げる過程において、我々はスタッフ同士が面子を掛けて争うトーナメントを実施した。FPSの大ファンばかりが集まっているので、これは楽しみながらフィードバックを得る方法だった。開発初期段階において、我々はリスポーンを禁止しなかったため、リーダーボードのトップにはいつも同じ面子が名を連ねていた。レベル・アーティストのChris Hendryとゲームプレー・プログラマーのAdam Crawleyは素晴らしいソロ・プレーヤーで、彼らのチームが常にほぼ全てのラウンドを支配する結果になった。リスポーンを禁止にするとどうなるか、クリエイティブ・ディレクターXavier Marquisが試したところ、HendryとCrawleyは即座に苦戦し始め、それまであまり活躍してこなかった開発者がリーダーボードを駆け上り、チームを勝利に導く結果になった。HendryとCrawleyがリーダーボードのトップを奪還するまでにそれほど長くはかからなかったものの、彼らは適応を迫られた。

マッチの最中にリスポーンが禁止されているということは、反射神経だけでは生き残れないということを意味している。連携し、マップを知り尽くし、計画を立て、適応し、連絡を取り合い、チームを率いる能力も勝利には欠かせない。率直に言って、よりストレスが溜まるゲームにはなるだろう・・・椅子に寄りかかって無駄口を叩きながらプレーするのではなく、慎重に戦術を練る必要があるということだ。


かつて『SOCOM』に携わり、本作ではゲーム・デザイナーを務めるChris Lee氏は、リスポーン禁止がもたらしたインパクトについて次のように語っている。

Chris Lee
驚くほど良い変化だったし、上手く機能するとは思っていなかった。超ハードコアなプレーヤーだけが気にいると考えていたんだ。しかし、実際は様々な種類のプレーヤーに開かれる結果になった。昔からFPSをプレーしてきた開発者たちは、反射神経だけが優れていたため、最初は非常に難易度が高いと感じていた。コミュニケーションや戦術をないがしろにし、結果を考えずに行動していたためだ。彼らのK/D率もそれまでは高かったが、ワン・ライフを導入以降はK/D率のことを考えなくなり、プレーヤー同士の連携を重視するようになっていった。一方、それまではあまり上手ではなかった開発者たちは、スローなアプローチを取り、状況を慎重に分析し、最終的にはリーダーボードでより良い成績を収めることができた。ワン・ライフはそのような行動に報いてくれるし、バランスを考えるプレーヤーは純粋なラン&ガン・プレーヤーよりも有利になる。それこそ、『Tom Clancy’s』フランチャイズの真髄だ。彼らはあらゆるスキルを駆使して戦い、開発チームはそこが気に入っていた。原点回帰が我々の狙いだったし、それでこのルールがそのまま残ったというわけだ。最初から予想していたことではなかったが、その結果には非常に満足している。


リスポーンの排除には、マッチ早々に死んでしまうと終了まで待たされるという弊害があるが、Ubisoftによると『Siege』のマッチはおよそ3分程度と短時間で終了するために待ち時間は最小限で済むという。加えて、死亡後はドローンや監視カメラ、ヘリコプターを操って仲間に敵の位置を伝えることができるサポート・モードに移行するため、死亡後も退屈しないよう配慮されている。

張り合う相手はカウンターストライクか?
( ◎)<狭い場所で戦うのが好きな人にとってはいいかも
それ俺じゃーん



2014-10-16_00002_Papers,Please
Papers, Please

ジョルジから偽のオブリスタンのパスポートを入手
家族を捨てオブリスタンへ逃亡が可能に
今は自分だけのパスポートしかないが
家族分のパスポートがあれが家族と一緒に逃亡することが可能
審査でオブリスタンのパスポートを人数分押収することが条件となる
1人25クレジット消費すれば作れる。今の状況だと3人だから75クレジットあれば作れるか

2014-10-16_00003_Papers,Please

先にエンディングが見たいので自分だけ逃亡しよう

2014-10-16_00004_Papers,Please
2014-10-16_00005_Papers,Please
2014-10-16_00006_Papers,Please

通った!!
やった!!


2014-10-16_00007_Papers,Please

オブリスタン万歳!!
関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

( 三)<プロフィール

TACHIBANA_3


Raptr Forum Signature

禁則事項
もしくは筋肉事項により
プロフィールは消した
・・・っと思ったら「登場人物」にプロフィールが

にほんブログ村 ゲームブログへ
人気ブログランキングへ

( 三)<カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
( 三)<呟き
( 三)<アクセスカウンター
( 三)<応援しています
( 三)<最新記事
( 三)<最新コメント
( 三)<注目のタイトル
( 三)<カテゴリ
トップ (1)
登場人物 (1)
未分類 (0)
はじめ (3)
XBOX360 (974)
GoWあらすじ (2)
スカイリム:たびのきろく (9)
でど☆すぺ2 (11)
でど☆すぺ2 セツダン (2)
でど☆すぺ3 (19)
ニーアお父さんは心配症 (5)
伝説のフリージャーナリスト (7)
規格外のフリージャーナリスト (2)
ドラドグ!ウィイイ!!:スタン・ハンセン怒りのウエスタン・ラリアット物語!! (8)
魔法少女ありしあ☆マギカ (7)
ME3 Take Earth Back (6)
メトロ2033 各駅汚染地域 (9)
最恐:コンデムド (10)
また最恐:コンデムド2 (11)
ここは、楽園であってもただの楽園ではない (13)
ほむほむフロント (7)
シム人生3 (6)
Steam (250)
普通日記(に近い何か) (496)
大相撲観戦 (4)
ゲーム情報 (1961)
E3 (117)
TGS (18)
WWE (163)
ニコニコ動画(ようつべ含む) (195)
エルシャダイ (36)
ミツバチカテゴリとかマジ勘弁 (7)
レビュー (19)
Q&A (11)
コミケ (55)
シムズ2 (13)
フリーゲーム (5)
ai sp@ce (1)
描いてみた (2)
週末の一枚 (4)
セカンドライフ (3)
GTA (2)
ランキング (35)
ダンスゲームがしたい (2)
GOTY (6)
AOTY (6)
アカデミー賞 (5)
コマンドー (4)
エイラあああああああああああああ!!!! (1)
XboxOne (10)
VGX (1)
Origin (5)
凛キチ (4)
トレーラーの曲 (12)
TGA (3)
同人ゲーム (2)
プロレス (1)
艦これ (4)
GTA5MOD (5)
ラブライブ! (10)
Steamゲーム紹介 (3)
新日本プロレス (1)
ごちうさ (1)
Overwatch (3)
ガールズ&パンツァー (2)
Titanfall 2 (1)
Nintendo Switch (1)
ラブライブ!サンシャイン!! (2)
ずらあああああああああああああああ (1)
( 三)<月間アーカイブ
( 三)<検索フォーム
( 三)<アールエスエス
( 三)<リンク