アランウェイク2は5年前から作られていた

気になったWWEニュース

■試合の出場が止められているダニエル・ブライアンだがついに今日のRAWでも出されず
■欧州ツアーでクタクタのランディ・オートンが空港で出待ちしてたファンに激怒
■セス・ローリンズの必殺技カーブストンプが使用禁止に?。今日のRAWではスカイウォーカーではないDDTを使って決めたことが話題となってる



パントキックみたくここ一番の時に解禁されるタイプに?


150421-0008590548-1440x810.jpg

アリスも鬼畜方面にw



現在、新生「Gears of War」の開発を進めているRod Fergusson氏率いる“Black Tusk Studios”ですが、新たにEpic Gamesで“Gears of War”シリーズや“Unreal Tournament III”のシネマティクスディレクターとして活躍したベテランGreg M. Mitchell氏がBlack Tusk Studiosに参加したことが明らかになりました。

これはGreg M. Mitchell氏がTwitterでEpicの退社とBlack Tusk入りを報告したもので、マーカスの“NICE”を引用し“Gears of War”と再開する喜びを伝えています。



これお互い喜んでるようで
( ◎)<見せ方重要。Epicがもう作らないなら移ったほうが話が早いよ
クリフBのDNAをどこまで引き継ぐことができるかが課題だね


2015-04-21_00001_gta5.jpg
2015-04-21_00002_gta5.jpg
2015-04-21_00007_gta5.jpg
2015-04-21_00008_gta5.jpg
2015-04-21_00009_gta5.jpg
2015-04-21_00010_gta5.jpg
GTA5

リンジー・ローハンはR☆のネタにされてありがたいと思え
頻繁にトラブルを起こすほうが悪いよ



2012年にARG風のプロモーションがひっそりと始動し、水面下で開発が進められていると見られていたRemedyの次期“Alan Wake”ですが、新たにPolygonが2010年に開発が進められていた「Alan Wake 2」にまつわるSam Lake氏のインタビューと14分弱に及ぶ注釈入りのゲームプレイ映像を公開し、水面下で進行していた続編の計画が保留となっていたことが明らかになりました。

現在は期待作“Quantum Break”の開発にフォーカスしているRemedyですが、Sam Lake氏は“Alan Wake”続編の可能性について多数のパートナーと対話を進めているものの、今のところ具体的な決定は何もないと語っており、“Alan Wake”の計画が完全に頓挫したわけではないことを示唆しています。

新たな敵や衝撃的な展開、“Quantum Break”に用いられたとみられるメカニクスなど、非常に興味深いプレイ映像とインタビューから明らかになった幾つかのディテールは以下からご確認ください。

■ “Alan Wake 2”にまつわる開発とRemedyの動向について

2010年にラフなプロトタイプの開発が進められていた“Alan Wake 2”は、TV番組サイズの短いエピソードによって構成され、各エピソード毎に事件の要約が提示され、その後エピソードにあった楽曲とクリフハンガーで幕を閉じる。この構成が今回の14分映像に確認できる。

続編は前作の直接的な続編に近い形で計画が進められており、初代“Alan Wake”よりも大規模な作品として計画が進められていた。

今回公開された映像は数あるプロトタイプの一部で、Remedyはこれ以外にも多数のラフなプロトタイプ開発に加え、幾つかのアセットや要素のテストを進めていた。

今回のデモは、次期“Alan Wake”の計画が完全に潰えたために公開されたものではなく、Sam Lake氏は今回の映像が作品のムードを伝えるもので、ネタバレがないことを挙げ、今後“Alan Wake 2”に取り組む機会が得られることを望んでいると説明。今後より多くの“Wake”作品を手がけたいと明言している。

“Alan Wake”の権利を持つRemedyは、“Alan Wake 2”を売り込むためプロトタイプを様々なパブリッシャーに持ち込んだものの、結局のところ再びMicrosoftにたどり着くこととなり、Phil Spencer氏が再び“Alan Wake”を熱烈に支持したとのこと。

この対話は、その後早い段階で別の作品へとシフトし、これが“Quantum Break”誕生のきっかけとなった。

“Quantum Break”の開発を通じて雇用を拡大したRemedyは、“Alan Wake”開発時の85名に対して、現在135名のスタッフを擁する規模となっている。


■ “Alan Wake 2”プロトタイプのディテールについて

新たに現実をリライトするメカニクスが大きな要素として導入されている。

ドキュメンタリー作品の製作者が、姿を消してしまった“Alan Wake”の都市伝説にまつわる調査を進める形でエピソード形式のストーリーが展開する構造が確認できる。

プロトタイプの開発は既存の“Alan Wake”エンジンに改善を加え進められた。このエンジンが現在の“Quantum Break”に採用されている。

新たな敵Birdmanや敵が環境要素を利用するシステムが導入されている。

プロトタイプに登場した舞台はシアトルとレドモンドを繋ぐ522号線。


d0eseg4yh.jpg
re9rhreuh.jpg
8rige8we.jpg
fuds7rehe.jpg
ws89yehyre.jpg
6e73teyh4.jpg
fn7twy.jpg
e8yewh4we.jpg




完全に諦めたわけじゃないから安心する
American Nightmareで完結なんて俺は絶対納得いかないから
( ◎)<これ出すにしろ、今の時代のグラフィックからして1から作り直す必要があるかもね
関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

( 三)<プロフィール

TACHIBANA_3


Raptr Forum Signature

禁則事項
もしくは筋肉事項により
プロフィールは消した
・・・っと思ったら「登場人物」にプロフィールが

にほんブログ村 ゲームブログへ
人気ブログランキングへ

( 三)<カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
( 三)<呟き
( 三)<アクセスカウンター
( 三)<応援しています
( 三)<最新記事
( 三)<最新コメント
( 三)<注目のタイトル
( 三)<カテゴリ
トップ (1)
登場人物 (1)
未分類 (0)
はじめ (3)
XBOX360 (974)
GoWあらすじ (2)
スカイリム:たびのきろく (9)
でど☆すぺ2 (11)
でど☆すぺ2 セツダン (2)
でど☆すぺ3 (19)
ニーアお父さんは心配症 (5)
伝説のフリージャーナリスト (7)
規格外のフリージャーナリスト (2)
ドラドグ!ウィイイ!!:スタン・ハンセン怒りのウエスタン・ラリアット物語!! (8)
魔法少女ありしあ☆マギカ (7)
ME3 Take Earth Back (6)
メトロ2033 各駅汚染地域 (9)
最恐:コンデムド (10)
また最恐:コンデムド2 (11)
ここは、楽園であってもただの楽園ではない (13)
ほむほむフロント (7)
シム人生3 (6)
Steam (250)
普通日記(に近い何か) (496)
大相撲観戦 (4)
ゲーム情報 (1961)
E3 (117)
TGS (18)
WWE (163)
ニコニコ動画(ようつべ含む) (195)
エルシャダイ (36)
ミツバチカテゴリとかマジ勘弁 (7)
レビュー (19)
Q&A (11)
コミケ (55)
シムズ2 (13)
フリーゲーム (5)
ai sp@ce (1)
描いてみた (2)
週末の一枚 (4)
セカンドライフ (3)
GTA (2)
ランキング (35)
ダンスゲームがしたい (2)
GOTY (6)
AOTY (6)
アカデミー賞 (5)
コマンドー (4)
エイラあああああああああああああ!!!! (1)
XboxOne (10)
VGX (1)
Origin (5)
凛キチ (4)
トレーラーの曲 (12)
TGA (3)
同人ゲーム (2)
プロレス (1)
艦これ (4)
GTA5MOD (5)
ラブライブ! (10)
Steamゲーム紹介 (3)
新日本プロレス (1)
ごちうさ (1)
Overwatch (3)
ガールズ&パンツァー (2)
Titanfall 2 (1)
Nintendo Switch (1)
ラブライブ!サンシャイン!! (2)
ずらあああああああああああああああ (1)
( 三)<月間アーカイブ
( 三)<検索フォーム
( 三)<アールエスエス
( 三)<リンク