次回作はさらに進化


「プロレス・新日本」(30日、東京・後楽園ホール)

世界に羽ばたくキング・オブ・ストロング・スタイルが感激の涙で別れを告げた。今月限りで退団し、世界最大のプロレス団体WWEに挑戦する中邑真輔(35)が新日本での最後の試合で勝利。最後の雄姿を見に訪れたファンに「ここで生まれ、育ち、培ってきた中邑真輔を、まだ見ぬ世界にぶつけていきます」と宣言した。

前売り券は早々と完売し、この日は200枚の当日券を求めてファンが早朝から長蛇の列を作ったが、100人以上が入手できなかったほどの大盛況。中邑は割れんばかりの“シンスケコール”を受けながら、オカダ・カズチカ、石井智宏と組んだ6人タッグ戦で、ともに新日本を低迷期から支えた棚橋弘至、後藤洋央紀、柴田勝頼を相手に、けいれん式ストンピングなど持ち味を存分に発揮。最後はオカダのドロップキックから自身のボマイェにつなぎ、石井が柴田を仕留めた。

熱狂さめやらぬ中、試合後は「レスラーとして生きている限り、物語は続いていきます、だから、さようならは言いません。ただ、ありがとう」とあいさつし、ファンとともに最後の「イヤァオ」を絶叫。さらに、目を真っ赤にしたオカダら盟友ケイオスの面々が総出で祝福すると、さすがに中邑もあふれる涙を我慢できなかった。

すでに、中邑はWWEの下部団体NXTで4月1日にデビューすることがWWEから発表されている。新日本が再興しつつある中で下した決断を、「この状況になったこと、いろんなきっかけ、出会いが必然として、こういう決断になった。後悔はありません」と説明し、大黒柱の1人を失う新日本の今後にも「自分がいなくても心配ない」と言い切った。

02年のプロデビューから約13年半。自ら「こんなレスラーは他にいないと思う」と評するほど、異彩を放ち続けた。中邑真輔の新たな戦いが始まる。

クネクネだけは潰さないでほしいWWE



E3で発表された『Mass Effect: Andromeda』に加え、未発表ながらも『Titanfall』と『Battlefield』の新作開発情報を伝えているElectronic Arts。同社が2016会計年度Q3カンファレンスコールにて、新作タイトルの発売時期に言及しました。

海外メディアのEurogamerの報告によると、『Battlefield』の新作は、これまでと変わらず2016年ホリデーシーズンのリリースを予定。『Mass Effect: Andromeda』と『Titanfall』の新作は2017会計年度後半である2016年10月1日から2017年3月31日までのローンチが予定されていると伝えています。

これらのタイトルに関する情報は少ない状況ですが、6月にはEA独自の発表会を含むゲームイベント「EA PLAY」の開催が予定されており、今後の情報公開に期待が寄せられる状況です。

このBFはBF5かBFBC3なのか
( ◎)<もうBFHの存在無くなったね


2016-01-31_00001_Overlord.jpg
Overlord

溶鉱炉は1つだけじゃないらしい
現段階ではスチール製の武具しか作れない

2016-01-31_00002_Overlord.jpg

素材はなんとミニオンw
生贄にする数が多いほど能力値が高い武具が作れる



“Quantum Break”の完成が目前に迫るなか、公式サイトで新たな開発者の募集を開始し、“Quantum Break”と同じNorthlightエンジンを利用した新たなAAAタイトルの計画を進めていることが明らかになったお馴染み“Remedy Entertainment”ですが、新たにスタジオのアートディレクターSaku Lahtinen氏がXbox Achievementsのインタビューに応じ、次回作に関する興味深い言及を見せ注目を集めています。

未発表の次回作に対する取り組みについて言及したSaku Lahtinen氏は、Remedyが常にゲームにおけるストーリーテリングを前進させようとしてきたと振り返り、ゲームは楽しいものであると同時に、恐ろしくパワフルで優れたストーリーを語り経験として伝えることができるメディアでもあると発言。

“Alan Wake”がRemedyにTVドラマから着想を得ることを教え、“Quantum Break”はこの基礎にキャラクターやフェイシャル技術等に基づく多くのステップをもたらしたと語った氏は、これらの取り組みを経て、Remedyがストーリーラインと実際のライブアクション要素を組み合わせ、国際的なスター達と共に働くことを学んだと説明しました。

こういった経緯を踏まえ、次回作の方向性に言及した氏は、新しい分野の征服を試みるよりも、これまでに培った(TVドラマ的なアプローチの)学習をさらに発展させることになるだろうとの見解を提示しています。

“Quantum Break”の完成を目前に控えたRemedyが水面下でどんな計画を進めているのか、詳細は依然として不明ですが、Remedyは予てから“Alan Wake”の新作に対する強い意欲を隠すことなくアピールしており、来る“Quantum Break”の仕上がりとスタジオの動向に改めて大きな期待が掛かるところです。

Alan Wake 2も実写パート入れることだな…そうだよね?
( ;◎)<予算があればね…
関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

( 三)<プロフィール

TACHIBANA_3


Raptr Forum Signature

禁則事項
もしくは筋肉事項により
プロフィールは消した
・・・っと思ったら「登場人物」にプロフィールが

にほんブログ村 ゲームブログへ
人気ブログランキングへ

( 三)<カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
( 三)<呟き
( 三)<アクセスカウンター
( 三)<応援しています
( 三)<最新記事
( 三)<最新コメント
( 三)<注目のタイトル
( 三)<カテゴリ
トップ (1)
登場人物 (1)
未分類 (0)
はじめ (3)
XBOX360 (973)
GoWあらすじ (2)
スカイリム:たびのきろく (9)
でど☆すぺ2 (11)
でど☆すぺ2 セツダン (2)
でど☆すぺ3 (18)
ニーアお父さんは心配症 (5)
伝説のフリージャーナリスト (7)
規格外のフリージャーナリスト (2)
ドラドグ!ウィイイ!!:スタン・ハンセン怒りのウエスタン・ラリアット物語!! (8)
魔法少女ありしあ☆マギカ (7)
ME3 Take Earth Back (6)
メトロ2033 各駅汚染地域 (9)
最恐:コンデムド (10)
また最恐:コンデムド2 (11)
ここは、楽園であってもただの楽園ではない (13)
ほむほむフロント (7)
シム人生3 (6)
Steam (238)
普通日記(に近い何か) (496)
大相撲観戦 (3)
ゲーム情報 (1920)
E3 (117)
TGS (18)
WWE (154)
ニコニコ動画(ようつべ含む) (195)
エルシャダイ (36)
ミツバチカテゴリとかマジ勘弁 (7)
レビュー (19)
Q&A (11)
コミケ (55)
シムズ2 (13)
フリーゲーム (5)
ai sp@ce (1)
描いてみた (2)
週末の一枚 (4)
セカンドライフ (3)
GTA (2)
ランキング (35)
ダンスゲームがしたい (2)
GOTY (6)
AOTY (6)
アカデミー賞 (5)
コマンドー (4)
エイラあああああああああああああ!!!! (1)
XboxOne (10)
VGX (1)
Origin (4)
凛キチ (4)
トレーラーの曲 (12)
TGA (3)
同人ゲーム (2)
プロレス (1)
艦これ (4)
GTA5MOD (5)
ラブライブ! (9)
Steamゲーム紹介 (3)
新日本プロレス (1)
ごちうさ (1)
Overwatch (3)
ガールズ&パンツァー (2)
Titanfall 2 (1)
Nintendo Switch (1)
ラブライブ!サンシャイン!! (1)
ずらあああああああああああああああ (1)
( 三)<月間アーカイブ
( 三)<検索フォーム
( 三)<アールエスエス
( 三)<リンク