あいつはゾンビのように生きていた

処分言い渡される前に逃げたようにしか思えない
あの引退会見酷いもんだった。あれホントに横綱?。礼儀を直すのに暴力で解決すると思った?
これで終わったわけじゃないからね
まだ腐った協会にも何か制裁が必要だ


気になったWWEニュース

■ルビー・ライオットの名前が変わった。しかしスペルが追加されただけでRiotがRiottに。Riotだと意味が暴動になるからか?
■ペイジ、マンディ・ローズ、ソーニャ・デヴィルのユニット名がアブソリューションに
■左腕二頭筋腱を負傷したドリュー・マッキンタイアは来年のレッスルマニア34までに復帰を目標としている

長期欠場は避けられなかった。早いとこマハルと合流してくれ。そろそろあいつもやばい


j95u9rjrdasw.jpg

とても料理する格好とは思えん



フィンとキャプテン・ファズマの参戦を含むシーズン1の開幕がいよいよ目前に迫る「Star Wars Battlefront II」ですが、過去に例を見ない規模の騒動となったルートクレート問題の動向に注目が集まるなか、EAのCFO Blake Jorgensen氏が本日アリゾナ州スコッツデールで行われたCredit Suisse Technology, Media, and Telecom Conferenceに登壇し、今回の問題に言及。“Star Wars Battlefront II”のルートクレートが(成功しているオーバーウォッチのように)外観アイテムにフォーカスしなかった背景を明かし、現在無効化しているマイクロトランザクションの再開に前向きな見解を提示しました。

本作の問題が紛糾した際に、コミュニティが提案していた“ドロップするコンテンツをスキンやエモートに制限する案”が実のところ容易ではなく、本作特有の難しい背景が存在することを挙げたBlake Jorgensen氏は、“Star Wars Battlefront II”の開発における極めて重要な要件として、スター・ウォーズのカノンを遵守する必要があることを明言。大量の外観アイテムを導入すれば、たちまちカノンを破ることになってしまうと語り、皆が白やピンクのダース・ベイダーを気に入ったとしても、色の問題ではなく、カノンに存在しないことからこれを実現することはできないと説明しています。(※ オリジナルの外観アイテムやスキンがアウトであることは容易に想像できるが、一方で本作のマルチプレイヤーはレイアやダース・モール、カイロ・レンといったキャラクターが直接対峙する世界でもあり、カノンの遵守に求められる具体的な境界や基準は不明。ただし、初代“Star Wars Battlefront”には性別や種族、外観の変更オプションが存在した)

ただし、氏は外観の変更に幾つかの可能性が残されていることも併せて伝えており、ルーカスフィルムと何らかの取り組みを進めていると述べ、スター・ウォーズに重要なリアリズムを維持した上で、色違いのライトセーバーのような何かが今後登場するかもしれないとのこと。(※ “色違いのライトセーバー”については発言ママ。これこそカノンに抵触する重大な改変と思われるが、Blake Jorgensen氏が一先ず分かりやすい例として口にしたものと思われる)

また、Blake Jorgensen氏はEAが“Star Wars Battlefront II”向けのマイクロトランザクション再開を諦めてはいないと強調しており、コミュニティの意見に耳を傾け、最善を目指すためにもっと多くを学ぶ必要があると前置きした上で、“Star Wars Battlefront II”のビジネス的な戦略については変更していないと説明。継続的なイベントやコンテンツの実装によってゲームとコミュニティを深く協調させることは、将来的なEAのビジネスにとって重要な取り組みだとアピールしています。

作品そのものの良し悪しから、やや剥離したレイヤーで問題が紛糾している“Star Wars Battlefront II”ですが、マイクロトランザクションの採用に伴いシーズンパスを廃止し、ローンチ後の追加ヒーローやマップといったコンテンツを全て無料で配布する決定を下したEAと、実際に本作のプレイを楽しむコミュニティが最終的にどう折り合うのか、シーズン1以降の取り組みを含め今後の動向に改めて注目が集まるところです。

要は金が欲しかったんでしょ
ルートボックス導入の経緯を説明してほしい



Steam早期アクセス開始からまもなく4年が経過しようとしているゾンビサバイバル『DayZ』ですが、デベロッパーのBohemia Interactiveは最新の状況報告において今後の開発計画を明らかにしました。

リードプロデューサーEugen Harton氏によれば、ベータ版となるバージョン0.63はExperimental/Stableともに2017年にリリースされず、2018年のリリースとなるそうです。また、正式版やXbox One版についても2018年のリリースを計画しています。

ベータ版『DayZ』は完全なゲームではないものの、Bohemia Interactiveは“プラットフォームの始まり”としており、同社がコンテンツの追加を続けながら、Modコミュニティによる拡張が可能とのことです(ベータ版の0.63から正式版の1.0の間に0.64や0.65は予定されていない)。

当初の計画からの大幅な遅れなどが批判を集めている本作ですが、着実に進化していることは間違いないので長い目で見て今後の開発を見守っていきましょう。




ゾンビサバイバルの流行りは過ぎ去り
バトルロイヤルの時代となってる今に来年正式版…遅すぎた。何もかも
( ◎)<発案者が去ってしまって変な方向に進んでいたりして
関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

( 三)<プロフィール

TACHIBANA_3

主にSteamでゲームプレイ
ラブライブ!により良い意味で人生が狂った
あとプロレスと大相撲も

にほんブログ村 ゲームブログへ
人気ブログランキングへ

( 三)<カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
( 三)<呟き
( 三)<アクセスカウンター
( 三)<最新記事
( 三)<最新コメント
( 三)<注目のタイトル
( 三)<カテゴリ
トップ (1)
登場人物 (1)
未分類 (0)
はじめ (3)
XBOX360 (991)
GoWあらすじ (2)
スカイリム:たびのきろく (9)
でど☆すぺ (17)
でど☆すぺ2 (11)
でど☆すぺ2 セツダン (2)
でど☆すぺ3 (19)
ニーアお父さんは心配症 (5)
伝説のフリージャーナリスト (7)
規格外のフリージャーナリスト (2)
ドラドグ!ウィイイ!!:スタン・ハンセン怒りのウエスタン・ラリアット物語!! (8)
魔法少女ありしあ☆マギカ (7)
ME3 Take Earth Back (6)
メトロ2033 各駅汚染地域 (9)
最恐:コンデムド (10)
また最恐:コンデムド2 (11)
ここは、楽園であってもただの楽園ではない (13)
ほむほむフロント (7)
シム人生3 (6)
Steam (385)
普通日記(に近い何か) (523)
大相撲観戦 (10)
ゲーム情報 (2567)
E3 (138)
TGS (18)
WWE (235)
ニコニコ動画(ようつべ含む) (195)
エルシャダイ (36)
ミツバチカテゴリとかマジ勘弁 (7)
レビュー (19)
Q&A (11)
コミケ (57)
シムズ2 (13)
フリーゲーム (5)
ai sp@ce (1)
描いてみた (2)
週末の一枚 (4)
セカンドライフ (3)
GTA (2)
ランキング (35)
ダンスゲームがしたい (2)
GOTY (6)
AOTY (8)
アカデミー賞 (5)
コマンドー (4)
エイラあああああああああああああ!!!! (1)
XboxOne (10)
VGX (1)
Origin (7)
凛キチ (6)
トレーラーの曲 (12)
TGA (6)
同人ゲーム (2)
プロレス (1)
艦これ (4)
GTA5MOD (5)
ラブライブ! (11)
Steamゲーム紹介 (4)
新日本プロレス (1)
ごちうさ (1)
Overwatch (3)
ガールズ&パンツァー (2)
Titanfall 2 (1)
Nintendo Switch (1)
ラブライブ!サンシャイン!! (7)
ずらあああああああああああああああ (3)
Uplay (2)
おま国タイトルレビュー (1)
水曜日のダウンタウン (0)
AEW (2)
ラブライブ!シリーズ (1)
( 三)<月間アーカイブ
( 三)<検索フォーム
( 三)<アールエスエス
( 三)<リンク