Activisionとはバイバイ…だが

新日本とAEWの事ですっかり忘れてたWWEニュース

■ブロック・レスナー実はまだマーク・ハント戦でのドーピング違反罰金を払ってない。払わない限りUFCに出ることは無理ってことだ
■レイシー・エバンスとEC3がメインイベントに出るもダークマッチだったのでまだ正式に昇格ではない
■AEWの決起集会場所と今週のSDLiveの会場が徒歩圏内だったのは偶然
■決起集会が気になった選手は何人かいたようだが考慮したようだ
■SDLiveにAEWのTシャツを着た観客が入れない出来事があったがすぐに解消された
■クリス・ジェリコがAEWと契約したためかイントロ映像から消される

DweP61zWkAALMNE.jpg

怖っ
上層部は知ってて用意してたのかな?


74de7615.jpg

何度CiRCLE壊されたことか


c4c8255c.jpg

Hey!カロリーQueen



2018年にWHO(世界保健機関)により、疾病と認定された「ゲーム障害(ゲーム依存症)」。2019年5月の世界保健総会での加盟国採択とその後の発効を控え、海外ゲーム業界団体ESA(Entertainment Software Association)は、WHOに対しゲーム及び業界についての理解を求めるための会談を実施しました。

2018年12月3日に実施された会談では、ビデオゲーム業界に関する情報提供を行いつつ、ビデオゲームおよび関連業界が公衆衛生に貢献する上で果たすことのできる役割について意見を交換。

ESAの副会長兼CEO、Stanley Pierre-Louis氏は、「分類が確定するまでは、会話と教育を継続する必要があると考えている」とコメントしました。また、同氏は「ゲーム依存症」認定について、メンタルヘルスの専門家が誤診の可能性を警告していることにも言及。継続的な対話を通じてWHOが早急な行動を避け、修正までに何年もかかるミスを避けられることを願う、としながら「ゲーム依存症」の認定撤回を求めていく方針を明らかにしました。

WHOにより疾病と認定された「ゲーム依存症」は、ゲームが日常生活での再優先事項となった結果、社会生活に深刻な問題を抱えた状況が長期間に渡り継続する症状を指すもの。認定にあたっては調査の尺度が適切でないことや、証拠の欠如、無闇な誤診の可能性などを警告する専門家の声もあります。

果たして、ESAの働きかけは実を結ぶことになるのでしょうか。

FGOで平気で課金のために400万円以上使った人はもちろん…でしょうね
( ◎)<"目が覚めたら"1週間は頭抱える姿が目に浮かぶ
ギャンブル依存であるゲーム依存でもあるからね


20190110213112_1.jpg
ソニックアドベンチャーDX

はっきり言ってエミーはタイプではない

20190110214200_1.jpg
20190110214219_1.jpg

追っかけてくるロボットに捕まらずにゴールにある風船を掴めばクリア
ロボットは倒せないが一時的に怯ませることは可能

20190111011812_1.jpg
20190111012508_1.jpg

レースゲームとあの格ゲーを除けばプレイアブルキャラとして出たのは初かな?



現在、ブラックアーマリーを含む“孤独と影”年間パスの展開が進められている「Destiny 2」ですが、新たにBungieが2010年に開始したActivisionとの独占的な販売契約が終了したと報告。「Destiny」IPの販売権をActivisionから取得し、今後の“Destiny”タイトルをBungie自ら販売することが明らかになりました。

2010年当初に描いていた“Destiny”のビジョンを実現するためには、優れたパブリッシングパートナーの支援が不可欠だったと語ったBungieは、8年に及んだ取り組みの成功を支えたActivisionに感謝を述べ、この提携を通じて素晴らしいコミュニティとセルフパブリッシングの体制を得たと伝えています。

また、BungieとActivisionは共に“Destiny”のシームレスな移行を実現するための取り組みを既に始めていると説明しており、一先ず“Destiny 2”が今後もBattleNetのフルサポートを受け、サービスとゲームプレイに混乱を生じさせない旨が報じられているほか、“ブラックアーマリー”を含む既存のロードマップとコンテンツの継続的な提供、そして今後その先に待つエキサイティングな発表が控えていると報じられています。

昨年6月にはNetEaseとの提携が報じられ、Destinyとは異なる新たなゲーム世界の構築を視野に入れた1億ドル(およそ110億円)規模の資金調達を果たした“Bungie”ですが、一体どんな取り組みを水面下で進めているのか、“Destiny”フランチャイズを含む今後の動向に改めて大きな注目が集まるところです。

一難去ってまた一難
しかも今度はあの荒野行動のところの…
( ;◎)<ユーザー…喜んでる場合じゃないぞ

Epicがさらなる暴挙

今期(2019年冬)見る予定のアニメ
■ケムリクサ
■荒野のコトブキ飛行隊
■五等分の花嫁
■BanG Dream! 2nd Season
■私に天使が舞い降りた!
■ドメスティックな彼女
■魔法少女特殊戦あすか
■かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜
■えんどろ〜!
■盾の勇者の成り上がり

継続
■とある魔術の禁書目録III
■ソードアート・オンライン アリシゼーション
■転生したらスライムだった件

特番
■PERSONA5 the Animation Stars and Ours

ケムリクサと水曜日が被ってるんだけど!!
Vチューバーのアニメ(?)と放送時間変えてほしい


21962121.jpg

各バンドのメンバー1人はやべーやつじゃないとダメなやつ


3485ae06.jpg

アスナさん包丁置きましょう


c9cb31e0.jpg

はいミッキーマウス


add1d82e.jpg

モノを食べる時はね、誰にも邪魔されず自由でなんというか救われてなきゃあダメなんだ。独りで静かで豊かで…


DweUl9PU0AAE58K.jpg

かばんちゃん実質リストラされたからこっちに来ちゃった


u8438uhr.jpg

日本が太平洋戦争で勝った世界だと朝鮮半島がどうなったか気になる



Fatsharkは、Co-opアクション『Warhammer: Vermintide 2』のプレイヤー数累計が200万人を突破したことを発表しました。

これは発売日から2018年12月31日までに達成されたもので、開発であるFatsharkのCEO、Martin Wahlund氏はプレイヤーに感謝の言葉を述べると共に、2019年に更なるコンテンツを提供することを発表しました。また、この発表と前後して、海外メディアGamesIndustry.bizは、中国の巨大ITコングロマリットであるテンセントが、Fatsharkの株式の36%を約5,600万ドルにて取得したことを報じています。


テンセントのやり方がやばくなってきてる
( ◎)<これHuaweiの個人情報抜き取りと関係ある?



2019年3月15日の世界ローンチに先駆けて、先日小規模な技術アルファテストが実施された期待作「Tom Clancy’s The Division 2」(ディビジョン2)ですが、新たにUbisoftとEpic Gamesが提携を発表し、PC版“The Division 2”をEpic Gamesストアの準専売タイトルとして発売することが明らかになりました。

また、提携の発表に併せてEpic Gamesストアにて通常版(9,072円)とGold Edition(12,960円)、Ultimate Edition(14,256円)の予約販売がスタートしています。

UbisoftとEpicの発表によると、現在シームレスなソーシャル機能と相互運用を実現するUplayとEpicのオンラインサービス統合が進められているほか、今後UbisoftのさらなるPCタイトルがEpic Gamesストア対応を果たす予定とのこと。

また、Polygonの確認に応じたUbisoftは、現段階でSteam向けの販売を予定していないと説明しており、収益分配率に絡むSteam離れを象徴する新たな出来事として注目を集めています。

大型タイトルは取られないと思ってた矢先まさかの…
しかもSteamだけハブられており、UplayとOriginは販売継続とのこと
( ;◎)<どうしてだ…ハブくならOriginもハブくはずだ
こんな暴挙やってると余計Epic嫌われるぞ
( ;◎)<これも…テンセントのやり方?
否定はできないだろう。Epicの背後に立ってるのは確かなのだから

刑務所シムがParadoxのものに

AEWの決起集会まとめ

■新たに契約した選手はスコーピオ・スカイ、クリストファー・ダニエルズ、フランキー・カザリアン、マクスウェル・ジェイコブ・フリードマン、ブリット・ベイカー、ジョーイ・ジャネラ、ペネロペ・フォード
■女子も含まれてるので女子部門も創設される
■ビリー・ガンがプロデューサーとして就任することに
■ダブル・オア・ナッシングは5月25日に開催。会場はMGMグランド・ガーデン・アリーナ
■上海に拠点を置くOWEと提携。CIMAが総監督の団体だ
■さらに何とPACとクリス・ジェリコも来てダブル・オア・ナッシングに参戦を示唆



ケニー・オメガはまだ新日本の契約下なので現れず
新日本がAEWと提携したとしてもROHが許すわけない。たぶんMSG大会までは関係を維持するかもね
早い話AEWとROH和解してくれ



カプコンは、シリーズ全世界累計420万本の売上を記録したオープンワールドアクション『ドラゴンズドグマ:ダークアリズン』ニンテンドースイッチ版の発売日が4月25日であることを発表しました。




さっさと2作目出せ
( ;◎)<これやるなら…ゼルダで全然よくね?


20190109205717_1.jpg
20190109210037_1.jpg
20190109210618_1.jpg
ソニックアドベンチャーDX

ナックルズかっこいいと思ったあなた
テレビアニメ版見ちゃダメ絶対



昨晩、Paradox Interactiveがプレスリリースを発行し、イギリスのIntroversion Softwareが開発を手掛けた人気刑務所運営シム「Prison Architect」の全権利とアセットを含むIPを獲得したと発表。今後の“Prison Architect”開発を継続するだけでなく、“Architect”IPに基づく新作の可能性を視野に入れた取り組みを進めることが明らかになりました。

“Prison Architect”は、Theme HospitalやDwarf Fortress、Dungeon Keeperにインスパイアされた刑務所の建設・経営シミュレーションで、WindowsとMac、Linux、PS4、Nintendo Switch、Xbox One、Xbox 360、iOS、Android向けのリリースを果たしており(※ Paradoxはモバイル版のパブリッシングを担当していた)、2015年10月のPC版ローンチ以来、累計200万を超える販売を達成していました。

なお、Paradox Interactiveと共に声明を発表したIntroversion Softwareの共同創設者Mark Morris氏は、今回のIP売却に伴い次回作に注力する機会を得たと伝えており、近く何らかの発表が控えている旨を示唆しています。

Prison Architectのみならず、DEFCONやDarwinia、2017年4月にローンチを果たしたScanner Sombreといった独創的な作品で知られるIntroversion Softwareが、一体どんな新作に取り組んでいるのか、“Architect”シリーズのフランチャイズ化と併せて、今後の動向に改めて期待が掛かるところです。

続編はまさかの3D化?
( ◎)<そうだとすると…嬉しいぞ

先月からチート利用者が増加

気になった新日本ニュース

■ロッキー・ロメロが複数年、ジュース・ロビンソンが3年の契約更新をした
■WWEはロビンソンを復帰させようと試みるもロビンソンは新日本を選んだ
■チェーズ・オーエンズは所属契約を交わした
■ケニー・オメガはWWEからのオファーを蹴りAEWを選んだようだ
■しかし喜ぶのも束の間、レッスルキングダム直後に行われた新日本とROHとAEWの三者会談。AEWは新日本と提携し継続参戦の交渉を試みるも、新日本はROHとの関係を維持したいため決裂してしまう

つまりこれでケニー含むエリートの面子を失ったわけだ
エリートはROHとの契約更新を断ったから関係は良くない
AEWにとって将来の雲行きが怪しくなってきた感じだ


20190108190319_1.jpg
20190108192122_1.jpg
ソニックアトベンチャーDX

ナックルズ編は散らばってしまったマスターエメラルドの欠片を集めること
各ステージ3つある欠片を集めればクリア
壁登りと滑空の能力でソニックとテイルスとは全く違うプレイスタイルで楽しめる

20190108193405_1.jpg
20190108193542_1.jpg

頭が悪く生真面目な性格が仇となり度々エッグマンに利用され騙されてる
海外ではソニックを上回る人気キャラで外伝作品では主人公として出てる
そしてあのようなマッチョになった際は…国内外から不満の声が相次いだ



Steamのデータベース記録などを調べる第三者サイト「SteamDB」は、Valveが一部Steamタイトルにて導入しているアンチチートシステム「VAC」によるBANユーザーの発生数が2018年12月に急増していることを報告しました。

これは、前月10万3,000件に対し、60万9,000と、おおよそ6倍にもなる数字。急増の理由については明らかにされていませんが、この検出値が正しいものであるとした場合、背景には2018年12月に電撃的にバトルロイヤルモードを実装し無料化となった人気FPS『Counter-Strike: Global Offensive』の存在が挙げられます。

元々Steam上で50万人近いピークプレイヤー数を持ち、長らくトップクラスの人気を維持し続けていた同作。無料化にあたっては更に前月比3割程度ユーザー数が増加しており、74万人もの同時接続ユーザー数に達しています。

多くのゲームが直面してきたチート問題。今後『CS:GO』がどれだけのチーターの増加を防ぐことができるのか注目が集まるところです。

Primeであれば大丈夫だろうけど
増えてはいるがアンチチートはちゃんと機能してるわけだね
( ◎)<もっと増えそう?
3月にはCSOのサービスが終了するから増えるだろう。来てほしくねぇよ

超リアルなHaloに

気になった新日本ニュース

■飯伏幸太は脳震盪により次期シリーズを欠場
■飯塚高史が2月21日の記念興行を最後に引退
■KUSHIDAが今月いっぱいで退団
■ケニー・オメガも新日本を離れることを考えてるようだ。契約はKUSHIDAと同じ今月いっぱいまで

日本時間の明後日早朝にAEWの決起集会が開かれるのでそこにケニーの姿が無ければ…



NVIDIAは現在開催中のCES 2019にて新GPU「GeForce RTX 2060」を発表しました。「GeForce RTX 2060」は現行タイトルにおいて前世代の「GeForce RTX 1060」よりも60%高速、「GeForce GTX 1070 Ti」をも超えるゲームプレイを提供するとのこと。

「GeForce RTX 2060」の価格は349ドル。現地時間1月15日よりAcer、Alienware、Dell、HP and Lenovoから発売予定となっています。また、ASUS、Colorful、EVGA、Gainward、Galaxy、Gigabyte、Innovision 3D、MSI、Palit、PNY、Zotacからはオーバークロックモデルを含むカスタムボードが提供。www.nvidia.comではNVIDIAが設計製造したストッククロックの「RTX 2060 Founders Edition」が入手可能になるそうです。

なお、特定期間中に「GeForce RTX 2060」または「GeForce RTX 2060」搭載PCを購入すると、『Anthem』あるいは『Battlefield V』のどちらかを選択して受け取れるプロモーションも行われます。

あとは価格
日本だと6万くらいになってくれ
( ◎)<将来もしPC版RDR2出るならこのグラボ推奨されそう


20190107001331_1.jpg
ソニックアドベンチャーDX

8歳の設定だが…まさか中の子役も当時は8歳だった?

20190107002207_1.jpg
20190107002256_1.jpg
20190107074202_1.jpg

テイルスは相手より先にゴールすることが目標
一時的に飛べるので専用のショートカットが用意されてる

20190107074857_1.jpg
20190107075501_1.jpg

殆どがソニックと共に行動してたので2週目に近いが、終盤だけが違う



Bohemia Interactiveより発売され、Modによる拡張性も人気のミリタリーサンドボックス『Arma 3』ですが、本作を『Halo』へと様変わりさせるMod「Operation: TREBUCHET」の制作が進行中です。昨年末にはシネマティック・トレイラーも公開されました。

本Modでは『Arma 3』のほぼ全てに変化を加えて、『Halo』のUI、武器、建物、乗り物を追加します。UNSCによるコヴナント帝国への攻撃が描かれますが、エリートではなく一般兵にフォーカスした新たな視点からの物語。より残酷、現実味のある世界になるとされています。

「Operation: TREBUCHET」は2018年よりアルファの段階。Steamのワークショップページからサブスクライブ、ダウンロードをすることができます。導入には別途「CBA_A3」が必要になるとのことです。




Armaにコヴナントは出せないしMODでも不可能に限りなく近いから仕方ない
( ◎)<武器や乗り物だけでも使えるなら嬉しいよ

最高傑作がリマスター

気になった1.5

■1.4では内藤がジェリコに勝ちIWGPIC王座を奪還成功するも、次なる挑戦者がタイチになる模様
■高橋裕二郎とチェーズ・オーエンズがエリートに残らずバレットクラブ入り
■YOSHI-HASHIが復帰するも敗戦。勝ったジェイ・ホワイトはIWGPヘビー級王者となった棚橋に挑戦表明

オカダはショートタイツに戻したから勝つ思ったけどちょっとした番狂わせだった
それと…みもりんとの交際はどうなった?


気になったWWEニュース

■ミーン・ジーン・オーカーランドの死去を受けハルク・ホーガンが追悼する形で急遽次回のRAWに出ることが決定。復帰がアナウンスされてからアメリカでのテレビショーに出るのは初
■年末年始のRAWとSDLiveの視聴者数は上がったが、2週連続でSDLiveがRAWに勝った
■WWEがケニー・オメガを獲る姿勢は本気のようだ。オファー額はなんと300万ドルだとか

立ち上げたばっかりAEWは未知数
シングルの戦績はお互い2戦1勝1敗
エリートの面子が黙って去るのってどうなんだ?


20190106174636_1.jpg
20190106175129_1.jpg
ソニックアドベンチャーDX

カメラワークが原因で落下死が多い

20190106175323_1.jpg

反射するには下を狙う
それでも中々反射してくれない

20190106181834_1.jpg

落下死の主な原因はカメラだけじゃなく、喰らった際のノックバックによる落下も多い

20190106182951_1.jpg
20190106183412_1.jpg

ソニック編はこれで終わり
次はお気に入りのテイルス編



2017年5月の独立を経て、昨年11月中旬にシリーズ最新作“Hitman 2”のローンチを果たしたIo-Interactiveですが、新たにIOIが公式サイトを更新し、2006年の“Hitman: Blood Money”と2012年の“Hitman: Absolution”を4K品質で現世代向けにリマスターするデジタルバンドル「Hitman HD Enhanced Collection」を発表。PS4とXbox One向けの新作として2019年1月11日の発売を予定していることが明らかになりました。

Io-Interactiveの報告によると、“Hitman HD Enhanced Collection”は以下のような改善を特色としているとのこと。

4k解像度対応と60fps動作
テクスチャの高解像度化
テクスチャフォーマットの改善
スーパーサンプリング
アップスケール対応
シャドウマップと鏡の解像度強化
ライティングの向上
より流動的な経験を実現するコントロール改善



シリーズ最高傑作とシリーズ最低作がセットだよ
( ;◎)<ホント…Absolutionは何故ああなったのか…
≪PREVNEXT≫
( 三)<プロフィール

TACHIBANA_3

主にSteamでゲームプレイ
ラブライブ!により良い意味で人生が狂った
あとプロレスと大相撲も

にほんブログ村 ゲームブログへ
人気ブログランキングへ

( 三)<カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
( 三)<呟き
( 三)<アクセスカウンター
( 三)<応援しています
( 三)<最新記事
( 三)<最新コメント
( 三)<注目のタイトル
( 三)<カテゴリ
トップ (1)
登場人物 (1)
未分類 (0)
はじめ (3)
XBOX360 (991)
GoWあらすじ (2)
スカイリム:たびのきろく (9)
でど☆すぺ (17)
でど☆すぺ2 (11)
でど☆すぺ2 セツダン (2)
でど☆すぺ3 (19)
ニーアお父さんは心配症 (5)
伝説のフリージャーナリスト (7)
規格外のフリージャーナリスト (2)
ドラドグ!ウィイイ!!:スタン・ハンセン怒りのウエスタン・ラリアット物語!! (8)
魔法少女ありしあ☆マギカ (7)
ME3 Take Earth Back (6)
メトロ2033 各駅汚染地域 (9)
最恐:コンデムド (10)
また最恐:コンデムド2 (11)
ここは、楽園であってもただの楽園ではない (13)
ほむほむフロント (7)
シム人生3 (6)
Steam (341)
普通日記(に近い何か) (517)
大相撲観戦 (8)
ゲーム情報 (2291)
E3 (131)
TGS (18)
WWE (202)
ニコニコ動画(ようつべ含む) (195)
エルシャダイ (36)
ミツバチカテゴリとかマジ勘弁 (7)
レビュー (19)
Q&A (11)
コミケ (56)
シムズ2 (13)
フリーゲーム (5)
ai sp@ce (1)
描いてみた (2)
週末の一枚 (4)
セカンドライフ (3)
GTA (2)
ランキング (35)
ダンスゲームがしたい (2)
GOTY (6)
AOTY (7)
アカデミー賞 (5)
コマンドー (4)
エイラあああああああああああああ!!!! (1)
XboxOne (10)
VGX (1)
Origin (5)
凛キチ (6)
トレーラーの曲 (12)
TGA (5)
同人ゲーム (2)
プロレス (1)
艦これ (4)
GTA5MOD (5)
ラブライブ! (10)
Steamゲーム紹介 (3)
新日本プロレス (1)
ごちうさ (1)
Overwatch (3)
ガールズ&パンツァー (2)
Titanfall 2 (1)
Nintendo Switch (1)
ラブライブ!サンシャイン!! (5)
ずらあああああああああああああああ (2)
Uplay (2)
おま国タイトルレビュー (1)
( 三)<月間アーカイブ
( 三)<検索フォーム
( 三)<アールエスエス
( 三)<リンク