安心と信頼の

気になったWWEニュース

■AOPにRAWタッグチーム王座が渡ったのには次の挑戦者がリバイバルになるため
■AJスタイルズのWWE王座連続保持期間が365日を超えた
■内藤哲也がクリス・ジェリコとの試合後にWWEからオファーが来るも即蹴った!

しかしあと2人にもオファーが来てた


DrklkGlU4AE59C5.jpg

現在過去未来、やっぱ物理っしょ


e89u9ru58u.jpg

犬以下の辞表


9u94eu4e8.jpg

前田日明リスペクト(滑舌の悪さだけ)



マイクロソフトは、人気レースゲーム『Forza Motorsport 7』から“ルートボックス”を削除することを発表しました。

これは同作の2018年11月度のアップデートで実施されるもので、「Prize Crates」と呼ばれる、いわゆる“ルートボックス”機能が削除され、ドライバーギアやMODカードはゲーム内に新設されたショップからゲーム内マネーで入手することになります。ショップの在庫は6分ごとに更新されるということで、様々なアイテムを入手したい場合は頻繁に在庫のチェックが必要になるようです。

同アップデートでは、その他に新たな衝突モデルが導入。車体の接触・衝突時の挙動が変わる他、高レイテンシでのマルチプレイヤー時の衝突が改善、車体回転量を調整する新たな「衝突アシスト」設定が追加されます。

また、新車両として「1973 Porsche #6 Penske Sunoco 917/30 Can-Am Spyder」及び、車玩具として有名な「Hot Wheels」とのコラボ車種やドライバーギアも登場する予定です。




ルートボックスがあるとユーザーからの不満が相次ぐ
( ◎)<ガチャと同様だしそりゃそうだろ
そろそろ日本人も目を覚めしてほしい



発売が迫る『バトルフィールド』シリーズ最新作『バトルフィールドV(Battlefield V)』のローンチトレイラーが公開されました。お馴染みのテーマ曲に乗せて、本作の大スケールで大迫力の戦いを披露しています。



20120916160251.jpg

長かったアルファからベータへ

気になったWWEニュース

■マンチェスターで行われたSDLiveでニッキー・クロスがベッキー・リンチと試合したが、この日だけの昇格?
■来年はドリュー・マッキンタイアが大プッシュされる?
■ブロック・レスナーに挑む次の挑戦者はストローマンではなくロリンズかマッキンタイアのどちらかかも

決まるのはランブル戦かな
マッキンはマンチェスターで行われたRAWでカートからタップを奪う金星あげてるから


DrfXZ8LUwAEMgtz.jpg

決行した運営側にも責任あり



Studio Wildcardは、恐竜サバイバル『ARK: Survival Evolved』拡張パック第三弾となる「ARK: Extinction」をPC版向けにリリースしました。

今回の「ARK: Extinction」では物語のクライマックスとして、かつては緑栄えた星「地球」を救うための冒険が繰り広げられます。プレイヤーは過去の文明の遺跡を巡り、地球の崩壊の謎と復活の鍵を探していくことになるとのことです。

この拡張パックでは新たなクリーチャーや巨大な怪獣の登場に加え、プレイヤーが操縦可能な巨大ロボも作成可能となります。また、新たなクラフトアイテムや、チャレンジなどが追加されるとのこと。

「ARK: Extinction」はSteamにて2,050円で配信中。拡張パック配信を記念して、本体・既存DLCも2018年11月14日までSteamセールを行っている他、フリープレイも2018年11月11日まで実施中です。

なお、「ARK: Extinction」国内PS4版の発売予定については現時点では発表されていませんが、海外PS4/Xbox One版は2018年11月13日発売予定です。




おい。恐竜どこへいった
( ;◎)<なにこれ…凄いけど


20181109023504_1.jpg
20181109025139_1.jpg
Dragon's Dogma: Dark Arisen

魔撃砲3つ設置したらもう敵無しw
ちょっとバランスブレイカー

20181109025329_1.jpg

マシンガンの如く魔撃砲で倒される未来しか見えない



2013年12月のSteam Early Access版発売を経て、今年8月末にXbox One向けのGame Preview版ローンチを果たしたBohemia Interactiveのゾンビサバイバル「DayZ」ですが、昨年末から明言されている2018年内のSteam Early Access運用終了に期待が掛かるなか、本日Bohemiaが遂にPC版初のベータビルドとなる0.63のExperimental版をリリースし、5年に及んだSteam Early Access運用を経て、遂にベータ入りを果たしたことが明らかになりました。

報告によると、0.63はまもなく安定版のデフォルトブランチとなる予定で、これに伴い現行の0.62がレガシーブランチに変更されるほか、近くSteam Workshop対応を含むDayZのMOD開発ツールがリリースされる予定となっています。

また、安定版0.63のリリース後は、年内の1.0ローンチに向けてサーバブラウザの刷新や各種修正、調整、ブラッシュアップといった取り組みが進められるとのこと。

なお、“DayZ”の0.63アップデートは、ビークル周りの新要素や拠点建設、ジオメトリを含む武器コリジョン、園芸品、多数の衣装、追加の武器アタッチメントといったコンテンツに加え、AI周りの改善やインスタンス管理の刷新、サーバ/クライアントの安定性改善、サーバやネットワークを含む各種修正といった変更を特色としています。



素直に…喜ぶべき
Just Surviveが逝った今、DayZにとってチャンスが到来してるんだ
( ◎)<サバイバルゲームのブームまたくる?。SCUMと比較されそう

2作とも記録的出荷本数

まずはこちらを



放送からもう3年が経ってます
原作未読の人はいい意味で期待を裏切られたに違いないでしょう
ゾンビ大好きな外人も大喜びで

そんな人気作品がなんと
来年1月に映画化されます!!!



実写としてね!!!
( ;◎)<うわっ……
( ;三)<予告で失敗を予想じゃなくて失敗してんじゃん


5eu0r0urew66.jpg

ド定番



スクウェア・エニックスは11月8日に放送した『FINAL FANTASY XV(ファイナルファンタジー XV)』の公式特別番組において、同作の今後の計画に関する報告を行いました。

放送によれば2019年春に「未来への夜明け」として展開を予定していた4つのDLCのうち、アラネア編、ルナフレーナ編、ノクティス編の3つがスクウェア・エニックスの方針変更により開発中止になったとのこと。アーデン編については2019年3月のリリースを目指し制作が続行されます。

現在、本作の制作を担当しているのは、「まったく新しいAAAタイトルを世界に届けること」を意図して設立されたスタジオ「LUMINOUS PRODUCTIONS」です。グローバルブランドディレクターの大藤昭夫氏は、同スタジオのAAAタイトルを1日でも早く届けたい、という方針変更が行われた結果、開発リソースを新しいAAAタイトルに集中させる、という決定が下されたことを明かしています。

また、本作のディレクターで「FINAL FANTASY XV UNIVERSE」のプロデューサーでもあった田畑端氏が開発スタジオLUMINOUS PRODUCTIONSおよびスクウェア・エニックスから離脱することが発表されました。同氏は「どうしても実現させたい仕事がある」として、自ら事業を立ち上げて新たな挑戦に向かうと伝えています。

つれぇわ…で済む話?
( ;◎)<ここ最近とは言えないが、FF10-2以降なんかおかしな方向へと行ってないか?
メ腐女子がメインライターとして書かせた結果…ってのも聞くし。やってない人でも女性向けのFFとイメージされてて男性は買いにくかったのでは?


20181108180344_1.jpg
Dragon's Dogma: Dark Arisen

もう体力無くなってるよ
口閉じておいて

20181108183720_1.jpg

魔撃砲便利すぎてぼっちに



本日、Take-Two Interactiveが2018年9月31日に終了した2019会計年度第2四半期の業績報告を実施し、10月26日に待望のローンチを果たした人気シリーズ最新作「Red Dead Redemption 2」の販売規模を報告。なんと本日時点の累計出荷本数が早くも1,700万本を突破し、発売から僅か8日で前作“Red Dead Redemption”の出荷規模を超えたことが明らかになりました。

Take-Twoは、“Red Dead Redemption 2”が発売から3日で7億2,500万ドルの売上げを記録した好調を改めて伝え、2019年会計年度の財政見通しを大幅に引き上げ、記録的な業績を迎える用意を整えていると強調。以下のような“Red Dead Redemption 2”の販売記録を紹介しています。

なお、初代の販売規模については、ローンチから3ヶ月でおよそ800万本を販売し、2015年8月に1,400万本出荷を突破したことが報じられていました。

全エンターテインメント分野において(7億2,500万ドルを超える)史上最も巨大な初週の週末小売販売。

全エンターテインメント分野において、“Grand Theft Auto V”に次いで巨大な3日間の小売り販売。

2018年で最も巨大なエンターテインメント分野のローンチ。

PlayStation Network史上最も多く予約されたフルゲーム。

PlayStation Network史上最も巨大なフルゲームの初日販売。

PlayStation Network史上最も巨大なフルゲームの発売後3日間の販売。




今年8月に行われたTake-Twoの2019会計年度第1四半期業績報告にて、1億本に迫る累計出荷本数が報じられたRockstar Gamesの傑作「Grand Theft Auto V」ですが、本日行われたFY19Q2報告にて、最新の出荷規模がアナウンスされ、2013年9月の発売から5年が経過した本作の累計出荷本数が遂に1億本を突破したことが明らかになりました。

Take-Twoの発表によると、“Grand Theft Auto V”と“Grand Theft Auto Online”の継続的な成功に伴い、本四半期の収益は前年同期比で11%増となる4億9270万ドルを記録したほか、デジタル販売の収益については前年同期比で18%増となる3億5840万ドルに達し、収益全体の実に73%を占める状況となっています。

任天堂の倒し方よりもロックスターの倒し方にシフトチェンジしたほうがいいぞ
( ◎)<数あるオープンワールドの中でもスカスカではないからね
FF15のオープンワールドは野心的過ぎたかも…あれ?。これ『Sniper: Ghost Warrior 3』もオープンワールドで失敗を認めた話最近…

ウチが大嫌いな会社の遅すぎる実装

気になったWWEニュース

■欧州遠征中のRAWでAOPがRAWタッグチーム王者となる
■ワールドカップで優勝したシェイン・マクマホンだが最初の段階で決まってたようだ。なのでシナが欠場で…ってわけではない
■ゴールドバーグがサンタクロースに扮してダッジのCMに出演



見たことある
お前は……




994wudshj.jpg

やりやがった。原作以上に



中国のソーシャルメディアとゲームを手掛ける最大手企業Tencent Holdings Ltd(テンセント)は、年齢認証システムを自社のゲームラインナップ全体に拡大予定であることを公表しました。

これは、自社のメッセンジャーアプリ「WeChat」の自社公式アカウントにおいて明らかにしたものです。同社の人気モバイルMOBA『Honor of Kings(王者栄耀)』において、若年層のプレイ中毒を招く国内からの批判への対策として導入済みのプレイ時間制限システムを自社の全てのゲームへ波及させる予定。これに先んじる形で、その他の人気の9タイトルを対象に適用。これら10タイトルへ制限システムを導入したのち、2019年には他のモバイルゲームやPCゲームに適用範囲を拡大するとしています。

この制限システムを導入したタイトルを利用する場合、身元情報の確認の為、アカウントの実名登録が必須。未成年者で12歳以下の場合は、午前8時から午後9時までの間で、1日1時間までのプレイに制限、12歳以上の場合は1日2時間までに制限。これらの制限を超えた場合、ログイン禁止の措置が実行されるとしています。

テンセントは、未成年者を保護することは社会全体の関心事であると同時に自社の責務でもあり、ゲームタイトル全体に健康を保つシステムを導入し、改善を絶えず行っていき、業界全体の技術を促進しつつ、社会と一体となって未成年者の健全な成長に貢献していくとしています。

海外メディアBloombergは、中国における7億人以上のインターネットとソーシャルメディアユーザーは政府による制限措置に慣れているものの、今回のテンセントの取り組みは前例がないものであり、勢いあるタイトルを市場に送り出す、自社の確立されたプロセスに、冷や水を浴びせるような規制当局による新作タイトルの承認手続きの停止にも、同社は困惑していると伝えています。

実質独裁国家の中国怖すぎ
( ;◎)<中国は金になると思ってたゲーム企業…


20181107061125_1.jpg
20181107061129_1.jpg
Dragon's Dogma: Dark Arisen

戻りの礎は複製不可。贋作となってしまう

20181107063832_1.jpg

魔法使いたいけどやっぱ剣がいい
何て人は魔撃砲

20181107173532_1.jpg

不正…してませんよ?



XSEED Gamesは、日本ファルコムの手がけるRPG『英雄伝説 閃の軌跡』と『英雄伝説 閃の軌跡II』のSteam/GOG.com版において、日本語音声の実装などを含むアップデートを実施しました。

同作は日本ファルコムの展開するRPG「英雄伝説」、“軌跡シリーズ”の一作品。剣や魔法だけでなく、飛行船や巨大ロボも入り乱れる世界観で、士官学院の生徒たちの冒険を描く物語です。Steamには2017年8月3日に『英雄伝説 閃の軌跡』、2018年2月15日に『英雄伝説 閃の軌跡II』がリリースされていましたが、いずれも日本語はテキストのみ対応で、音声は収録されていませんでした。

今回のアップデートは両作品に日本語音声を追加するもので、他にも4種類のSteamオンラインスコアランキングボードの追加や、高解像度UIフォントの実装、テクスチャーModへの対応などが行われています。

日本ファルコムは以前からSteam向けリリースに取り組んでいましたが、日本語を収録するようになったのは近年のこと。それだけに、過去作の日本語対応を期待する声もあるかもしれませんが、まずは直近の人気RPGシリーズへの対応を喜びましょう。

『英雄伝説 閃の軌跡』および続編『英雄伝説 閃の軌跡II』Steam版はそれぞれ3,980円で配信中。2018年11月13日までは、『英雄伝説 閃の軌跡』は40%引きの2,388円、『英雄伝説 閃の軌跡II』は30%の2,786円です。GOG.comではいずれも定価39.99ドル、セール後価格23.99ドル/27.99ドルとなっています。

最初から収録してればあんな炎上起こさずに済んだのに会社の人はノータリンなのか?
( ◎)<ユーザーの気持ち理解してやりクソ会社

鰤史上最悪のプレゼン

気になったWWEニュース

■トリプルHが手術をした。これにより計画されていたレッスルマニア35の何かが変わりそうだ。その何かとはバティスタとの試合だ
■ブロック・レスナーはクラウン・ジュエル出場だけの契約内容の予定であったが、ローマン・レインズが無期限欠場により少なくてもあと2回試合に出る契約内容となった。1つ目はサバイバー・シリーズ。2つ目はレッスルマニア35(あと5ヶ月も我慢しなければならない)
■元エマであるテニール・ダッシュウッドが乾癬になったことを明らかにした

43986055_2742554492470435_3531495253090670626_n.jpg

辛い
こんなんじゃ試合に出にくい


9eu9fj6.jpg

顔に自信が無いYouTuberが食べるやり方
ちゃんとマスクとって食べようね



デベロッパーMadmind Studioは、先日発表した新作サバイバルホラーゲーム『PARANOID』のコンセプトゲームプレイ映像を公開しました。

本作は80年代後半の時代を舞台にした一人称視点のサバイバルホラーで、ミステリアスな状況で家族全員を失った31歳の男性Patrick Calmanの物語が描かれます。彼の両親は酷い死に方をした挙げ句に妹は失踪。愛する人の喪失に伴うトラウマは精神を破壊し、彼のアパートはもはや刑務所のようになってしまいます。

しかしある日、13年前に失踪した妹から電話がかかってきて、彼女が帰ってきたことを告げられます。Patrickは全ての真実を突き止めるため、隠遁生活から抜け出て恐ろしい狂気に身を晒すこととなります。

『PARANOID』はSteamにて配信予定。『Agony』『Agony UNRATED』と同様、日本語インターフェースと字幕の収録が記載されています。リリース時期は現時点で未定。




何となくオチが予想できてしまう
( ◎)<住人がこんな姿してるわけない


20181104043424_1.jpg
Dragon's Dogma: Dark Arisen

ホットキーの設定だが
これはキーボード操作でのみしか設定できない
コントローラーでは設定できずLBとRB同時押しと方向パッドによるホットキーは使えない

20181105165050_1.jpg
20181105165114_1.jpg

覚者の役目なのでこれは

20181106070124_1.jpg

ボスがこんなも楽に倒せるってことは…

20181106071534_1.jpg

倒せた



「BlizzCon 2018」にてモバイル向け新作『ディアブロ イモータル』が発表された『Diablo』シリーズ。しかし、それ以外の“隠し玉”が存在していた、とする噂が複数の海外メディアによって取り上げられています。

PC GamerやShackNewsなどが報ずる所によれば、噂の出処は海外メディアKotakuが匿名の少数の関係者から取材したとするもの。この噂によれば、本来であれば「BlizzCon 2018」の『ディアブロ イモータル』発表直後に『Diablo IV』の発表がBlizzard共同創設者Allen Adham氏から述べられる予定であったとのこと。しかしながら、『Diablo IV』は過去4年間の開発で変化を遂げており、今後も大きく揺れ動く可能性があることから、「BlizzCon 2018」直前で発表が見送られたものと見られています。

あくまで噂に過ぎないところですが、Blizzardは複数の『Diablo』シリーズ関連プロジェクトが動いていることを「BlizzCon 2018」前に明らかにしており、発表されるのはその一部である旨を語っていました。ファンは、未公開のプロジェクトの中にシリーズのコアユーザーを大きく喜ばせるような内容が含まれていることを期待したいところでしょう。

「BlizzCon 2018」の『ディアブロ イモータル』の発表に際しては、あるユーザーにより期待を持って準備されたドメイン「Playdiablo4.com」のリンク先が、海外PS4版も発表されたばかりの人気ハクスラARPG『Path of Exile』の公式サイトに書き換えられるほか、公式のYouTubeトレイラーにおいて、1.5万の評価に対し、不評が45万ほどになるといった反応も見られています。

また、「BlizzCon 2018」において行われたFAQセッションでの返答において大きくユーザーの不興を買ってしまう発言が飛び出たこともあり、ファンや開発者の間で大きな議論を呼んでいました。


BlizzCon 2018では残念ながら登場しなかったものの、実は発表予定であったとの噂も飛び出している人気ハクスラシリーズ最新作『Diablo IV(Diablo 4)』ですが、ファンの1人が関連ドメイン「PlayDiablo4.com」を取得していたようです。

アクセスすると既存の『Diablo』作品の公式サイトにジャンプしたり何らかのメッセージ等が用意されている…と思いきや、『Diablo』ライクなFree-to-Playタイトル『Path of Exile』の公式サイトに繋がるよう設定されています。

これは『Diablo 4』が発表されなかったことに対するささやかな抵抗だったのでしょうか。ちなみに『Path of Exile』はPlayStation 4版の登場が発表されている他、2018年で最大かつ4番目の拡張3.5.0の到来が伝えられており、何とも運命じみたものを感じさせます。

4作目もちゃんと作ってるなら映像でも流しておけば鎮火できたはずなのにプレゼン失敗したね
( ◎)<まさかここまで炎上するって予想できなかった?
スマホ向けだったら落胆で済んだはずだが、共同開発の相手がNeteaseだから火に油を注いでしまったからね
「スマホ(携帯)持ってないの?」って発言もまた注ぐ形に

それっぽくてもそれしか見えない

気になったWWEニュース

■今年のサバイバー・シリーズは番組対抗戦はない計画であったが、ローマン・レインズの無期限欠場により番組対抗戦となった
■ダニエル・ブライアンがサウジに行かないことが決定しSDLiveで急遽WWE王座戦が組まれたが、パフォーマンスセンター近くのテクノロジーセンターで無観客でのWWE王座戦を収録しクラウン・ジュエルで放映する計画もあった。が、バッシングを恐れてか取り消しに
■ブラウン・ストローマンはブロック・レスナーに敗れてしまったが、コービンに後頭部をベルトで殴られた上にF5を複数回受けながらも返した理由は強者と見せるためだった。コービンの不意打ちがあったためリマッチ権はあるはず
■トリプルHが胸筋を断裂してしまいアメリカに戻り手術することに。トップロープを超えて派手に落ちた際にやってしまったようだ

カメラがあまり映してないところでも様子がおかしかった
テイカーもテーブル葬を喰らったハンターに話しかけてたし


7ddcd643.jpg

茶色のカレーのリアルさ


99u5euru.jpg

まず服を


9u954u34.jpg

体型変化が激しいとスーツも厳しいからね


ff6ad1e7.jpg

四次元谷間


Capture20181104-234854.jpg

ちゃんと整理してれば5000万なんて余裕ですよ元都知事


50u05uerju.jpg

タダ食いサイコー



現在Steamにて早期アクセスを展開中の囚人サバイバルゲーム『SCUM』に最新アップデート「Wild Hunter」が配信されました。今回のアップデートはその名前からもイメージされるように、囚人の最も原始的な衝動に応える新機能が追加されています。

今回のアップデートではキャラクターカスタマイズで全裸が追加された他、スライダーで陰茎のサイズが設定可能(1インチ~8インチ)になりました。アトリビュートポイントを使用するため、大きくするほど他で使用できるアトリビュートポイントが減ってしまいます。デフォルトのサイズは4インチですが、SCUM Supporter Packのオーナーは+2インチされるそうです。

その他、演奏できる楽器類やサーバー管理者権限を持つユーザーのみが使えるカメラ機能の追加、中国語対応、バランス調整、バグ修正などが行われています。

0uyeu5.jpg
u0959ur.jpg
j995ir5.jpg
rd979it.jpg


ウィンターセールで買いたいゲームの候補1つ
早期アクセスだからセールされないけど
( 三)<不安定なところがまだあるからね。あと日本語化されてない



インディーデベロッパーのねてくらすソフトウェアは、レースゲーム『ブイQ』を、Pixivの運営する各種制作物販売サイトBoothにて配信開始しました。

8年にわたって開発されていた同作は、可愛くデフォルメされた多種多様な車がレースを繰り広げる作品。ローポリな車モデリングやコースグラフィックなどを含め、かつてタカラトミー(当時タカラ)とタムソフトが初代PSなどで展開した『チョロQ』を強く思い起こさせる、オマージュに満ちた作りとなっています。

ゲームの特徴としては、40台の車と、14種類のコースが存在。シングルプレイヤーのみのタイトルとなりますが、レース賞金を集めてのパーツ交換による車のカスタマイズ(強化)要素もあり、色の変更も可能です。

一方かわいい見た目に反して、タイヤの摩耗や燃料の要素がある他、いわゆるブーストなどもなく、レース部分はプレイヤーとNPCが同じ挙動の車で戦う本格仕様。また、コースや車のモデルのModも可能であるとのことです。

『ブイQ』はBoothにてWindows向けに1,500円で配信中。Modder向けドキュメント・サンプルが含まれるクリエイターズパッケージ版は1,700円となっています。



元タムソフト社員がいるの?
( ◎)<あくまのパーツあるよね…?
無茶ぶりだけど、HG2のPC版出たらそこそこ売れるんじゃね?
≪PREVNEXT≫
( 三)<プロフィール

TACHIBANA_3

主にSteamでゲームプレイ
ラブライブ!により良い意味で人生が狂った
あとプロレスと大相撲も

にほんブログ村 ゲームブログへ
人気ブログランキングへ

( 三)<カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
( 三)<呟き
( 三)<アクセスカウンター
( 三)<応援しています
( 三)<最新記事
( 三)<最新コメント
( 三)<注目のタイトル
( 三)<カテゴリ
トップ (1)
登場人物 (1)
未分類 (0)
はじめ (3)
XBOX360 (991)
GoWあらすじ (2)
スカイリム:たびのきろく (9)
でど☆すぺ (17)
でど☆すぺ2 (11)
でど☆すぺ2 セツダン (2)
でど☆すぺ3 (19)
ニーアお父さんは心配症 (5)
伝説のフリージャーナリスト (7)
規格外のフリージャーナリスト (2)
ドラドグ!ウィイイ!!:スタン・ハンセン怒りのウエスタン・ラリアット物語!! (8)
魔法少女ありしあ☆マギカ (7)
ME3 Take Earth Back (6)
メトロ2033 各駅汚染地域 (9)
最恐:コンデムド (10)
また最恐:コンデムド2 (11)
ここは、楽園であってもただの楽園ではない (13)
ほむほむフロント (7)
シム人生3 (6)
Steam (327)
普通日記(に近い何か) (510)
大相撲観戦 (7)
ゲーム情報 (2248)
E3 (131)
TGS (18)
WWE (198)
ニコニコ動画(ようつべ含む) (195)
エルシャダイ (36)
ミツバチカテゴリとかマジ勘弁 (7)
レビュー (19)
Q&A (11)
コミケ (56)
シムズ2 (13)
フリーゲーム (5)
ai sp@ce (1)
描いてみた (2)
週末の一枚 (4)
セカンドライフ (3)
GTA (2)
ランキング (35)
ダンスゲームがしたい (2)
GOTY (6)
AOTY (7)
アカデミー賞 (5)
コマンドー (4)
エイラあああああああああああああ!!!! (1)
XboxOne (10)
VGX (1)
Origin (5)
凛キチ (6)
トレーラーの曲 (12)
TGA (4)
同人ゲーム (2)
プロレス (1)
艦これ (4)
GTA5MOD (5)
ラブライブ! (10)
Steamゲーム紹介 (3)
新日本プロレス (1)
ごちうさ (1)
Overwatch (3)
ガールズ&パンツァー (2)
Titanfall 2 (1)
Nintendo Switch (1)
ラブライブ!サンシャイン!! (4)
ずらあああああああああああああああ (2)
Uplay (2)
( 三)<月間アーカイブ
( 三)<検索フォーム
( 三)<アールエスエス
( 三)<リンク